“日本人メンバーも所属”4人組ガールズグループH.U.Bが来年正式デビュー!

写真拡大

4人組ガールズグループH.U.B(Hope U Bounce) の「私たちが共にした時間」が、24日に先行公開された。

H.U.Bはリーダーのグレイシー、日本人のRUI、ユウム、ケイナで構成された4人組のガールズグループで、チームのメンバーが自作曲から振り付けにまで参加する実力派の新人ガールズグループだ。

ユウムの自作曲「私たちが共にした時間」はH.U.Bの始まり、過程そして今後起きることに対し、どんなことでも私たちが一緒ならやっていけるという心温まる決心を収めたR&Bダンス曲だ。私たちの声が練習室で、ステージで、道端で、またその他さまざまな所から始まり、どこまで聞こえるかは分からないが、辛いこの時間が過ぎれば必ず一緒に笑っているというメンバーの確信を込めている。

「私たちが共にした時間」はH.U.Bだけでなく、辛い時期を共にしているすべての人のために聴かせてあげたい曲で、誰も予想できない旅にも光を追いかけることを望むH.U.Bの最初の自作曲だ。

リーダーのグレイシーは、優れた歌唱力はもちろん、6年間アメリカでの生活を通じてTOEIC(国際コミュニケーション英語能力テスト) で満点を取るほど英語の能力もあり、RUIは今年「Exciting」でソロデビューし、音楽番組はもちろんさまざまな活動で注目を浴びている。ユウムは今回先行公開された「私たちが共にした時間」の作詞、作曲はもちろん編曲まで手掛けるほど音楽的にも期待度が高い。ケイナはソウル公演芸術高等学校2年生で、チームの末っ子だがラップやダンスで優れた実力を見せつける手ごわい新鋭である。

H.U.Bは2017年の初めの正式デビューを目標に、新たな曲の録音やデビューの準備で多忙な年末を送っている。