うわっ、全力で拒否! 彼氏に見られたくない体のコンプレックス6つ

写真拡大

いくら恋人といえども、彼氏だからこそ見られたくないカラダのパーツがあるという女性もきっと多いと思います。コンプレックスがある場所ほど、見られたくありませんよね……。そこで今回は、女性たちが「恋人に見られたくないパーツ」についてお話を聞いてきました。

■お腹

・「お腹。締まってなくて恥ずかしい」(32歳/その他/その他)

・「お腹。太っているときは見られたくない」(31歳/その他/その他)

スマートなラインのお腹ならば、見られても何も恥ずかしくはありませんが、ぽよんとお肉がついてしまったお腹は、やっぱり見られたくありませんよね……。

■脚

・「脚。ムダ毛処理をしていてもすぐ生えてくるし、触るとちくちくするときもあるので」(36歳/情報・IT/事務系専門職)

・「脚。すごく太いのがコンプレックスで、できるだけ隠している。見られるのは、恥ずかしい」(22歳/マスコミ・広告/その他)

脚の形、ムダ毛の生え方など、こちらもコンプレックスを抱きやすいところ。スラッとしたキレイな脚には憧れますよね。

■背中

・「背中。ムダ毛の処理が行き届いていないので、できれば見られたくないかな〜と」(28歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

・「背中。ぶつぶつがずっと治らないので見られたくない」(33歳/その他/その他)

背中はなかなか自分でケアしづらいというだけではなく、お肌の状態やムダ毛の生え方を自分でチェックするのが難しいでですよね。ケアが行き届きづらいところは、やっぱり見られたくありませんね。

■ワキ

・「ワキはあまり見られたくない。ムダ毛は薄い方なので冬は処理していないことも多いので」(35歳/人材派遣・人材紹介/秘書・アシスタント職)

・「ワキ。処理をしているが、もし処理が甘かったりしたら恥ずかしいので」(30歳/その他/その他)

ワキは脱毛してツルツルだったら問題ないのですが、自分で処理していて、お肌も黒ずんで……なんていう状況だったら、見たいと言われても全面拒否ですね。

■デリケートゾーン

・「デリケートゾーン。ニオイや黒ずみ、毛の処理など自己処理だと行き届いてないかもしれない不安がある」(24歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

・「デリケートゾーンを見られたくないです。デリケートゾーンの処理を怠っているときや、お風呂前などはやはり恥ずかしいです」(26歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

色や形、ムダ毛の処理具合など、見られたくない要素がよりたくさんあるでしょう。

■バスト

・「お世辞にもキレイとは言えないから」(32歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)

・「バスト。標準より小さいから恥ずかしい」(34歳/食品・飲料/その他)

コンプレックスを感じやすいパーツですね。彼に見られるのが怖くなってしまう人も多そうです。

■まとめ

恋人だからこそ嫌われたくなくて、見せられないところがあるもの。もし、自分がコンプレックスを感じているパーツを彼が見て、嫌な顔をしたらショックで立ち直れなくなるかもしれません……。コンプレックスがあるパーツほどケアをしっかりして自信をつけたいですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年11月9日〜11月11日
調査人数:216人(22歳〜39歳の女性)