Doctors Me(ドクターズミー)- 幼児に多いインフルエンザ脳症に要注意!我が子の為にも徹底した予防を

写真拡大

インフルエンザ脳症ってご存知ですか?

脳症とついていて怖い感じがするこの病気ですが、幼児がかかることが多い病気です。

お子様がそのくらいの方は、今回紹介する病気の症状や治療法について覚えておきましょう。

要チェック項目


□インフルエンザ脳症は主に幼児がかかる
□原因はインフルエンザにかかること
□インフルエンザ予防が一番の対策

インフルエンザ脳症とは?

主にインフルエンザにかかった幼児が発症する病気です。けいれんや意識障害などの神経症状をはじめ、臓器不全になることもある重い病気です。

名前がよく似ているものにインフルエンザ脳炎がありますが、脳炎はインフルエンザウィルスが直接脳にいって炎症を起こす場合だそうです。

一方で、インフルエンザ脳症は、ウィルスが脳内にはなく過剰な免疫反応が見られる場合だそうです。

原因は過剰な免疫反応

では、なぜインフルエンザ脳症が起こるのでしょうか? 実ははっきりとした原因は解明されていません。しかし、一つの仮説があります。

まず、インフルエンザウィルスに感染すると、ウィルスが鼻粘膜で増殖しながら全身に広がっていきます。当然、私たちの身体はウィルスを排除しようとします。

この身体を守るためのシステムを免疫といい、病原体を排除するサイトカインという物質があります。

しかし、本来身体を守るためのサイトカインが過剰に分泌されるとアレルギー反応を起こしてしまいます。

サイトカインストームと呼ばれ、結果的に高サイトカイン症、脳の場合は特に高サイトカイン脳症という状態になっていまいます。

このような状態では、正常な免疫システムが働かないので、けいれんや意識障害、ひどい場合には臓器不全を起こすと考えられています。

また、前述の仮説以外でもアスピリンを含んだ解熱剤が脳浮腫を促すことで、インフルエンザ脳症を重症化させているのではないかと言われています。

アスピリンを含む解熱剤が100%原因というわけではありませんが、解熱剤を使用の際はアセトアミノフェン系の解熱剤を使うといいようです。

症状は主に3つ

インフルエンザ脳症の症状にはどのようなものがあるのでしょうか。代表的なものはけいれん、意識障害、異常行動の3つです。

けいれん


インフルエンザ脳症の場合はほぼ見られる症状のようです。高熱が原因で起こる熱性けいれんがありますが、見分けるポイントは、
・けいれんが10分以上続く
・ 短時間のけいれんが繰り返される
・ けいれんが左右対称ではない

このような場合は少なくとも熱性けいれんではないので、お近くの医療機関を受診されることをお勧めします。

意識障害


ぼーっとしていて呼んでも返事がなく、身体を軽くつねったりしても反応がない状態です。寝ぼけている状態とは明らかに異なっています。この場合も医療機関に相談しましょう。

異常行動


人やものの認識が正しくできなかったり、幻視・幻覚が見えると言ったりするようです。さらに、奇声をあげたりうまく呂律が回らなかったりすることもあるようです。

この3つ以外にも症状が悪化すると、呼吸が止まったり血管がつまったりして臓器の障害を引き起こすようです。

どんな検査をすればわかるのか?

血液検査や画像診断、脳波測定が一般的です。

インフルエンザ脳症は臓器不全になる場合もある重い病気です。疑いがある場合は1秒でも早く受診しましょう。

治療法と予防対策を知ろう

治療方法や予防対策はあるのでしょうか? それぞれ詳しく見ていきましょう。

治療方法


免疫異常を抑えることで治療を目指すのが一般的です。インフルエンザウィルスの増殖を抑えるため、内服薬や点滴を行います。内服薬はタミフル、点滴はラピアクタなどです。

免疫を抑える手法では、ステロイドやガンマグロブリンを用いた療法を試みます。

予防対策


インフルエンザにかかることが原因なので、一番の対策はインフルエンザにかからないようにすることです。日頃から手洗い、うがいをしっかりしましょう。

また、栄養のある食事をとって規則正しい生活をすることで、免疫力を高めて病気になりにくい身体をつくることも大切です。寝不足も体調を崩す原因になるのでしっかりと睡眠はとりましょう。

インフルエンザ予防が一番の対策

インフルエンザ脳症はインフルエンザにかかることが原因で発症し、けいれんや意識障害、異常行動の3つが主な症状です。

病気が進行すると呼吸停止、ひどい場合には臓器不全に陥ります。熱性けいれんではないけいれんや意識障害が起きた場合はすぐに医療機関を受診することをおすすめします。

また、インフルエンザを予防することが一番のインフルエンザ脳症対策になるので日頃から手洗い、うがいはきちんとしましょう。

規則正しい生活を送り栄養のある食事を摂って、身体の免疫力を高めておくことも重要です。

(監修:Doctors Me 医師)