仏風刺紙「シャルリー」の独語版が12月発刊 襲撃事件から約2年

ざっくり言うと

  • 2015年1月にイスラム過激派に本社を襲撃された仏風刺紙シャルリー・エブド
  • シャルリー・エブドは23日、ドイツ語版を12月1日に発行すると発表した
  • 同紙は、仏では店頭で週6万部販売されているほか、購読者が5万人いる

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング