写真提供:マイナビニュース

写真拡大

キリンのパッケージング技術研究所は11月22日、ユニバーサル製缶と共同で国産最軽量(キリン調べ)となるアルミ缶を開発したと発表した。

パッケージング技術研究所は包装容器の開発を専門に行っている。今回のアルミ缶の軽量化では、薄肉化しながら必要な強度を確保できるよう形状を工夫することで、350ml缶で14.6gから13.8g(約5%)、500ml缶で18.1gから16.8g(約7%)へ軽量化に成功。このアルミ缶を同社で最大限導入した場合、製造工程でのCO2排出量を年間約2万9600t削減できると見込まれている。

同アルミ缶を使用した商品はキリンビール神戸工場から導入を開始し、2016年11月下旬から順次、ビール、発泡酒、新ジャンル商品などで市場への展開を開始する。

(神山翔)