カニエ・ウェスト

写真拡大

人気ラッパーのカニエ・ウェストがコンサート中に、人気歌手ビヨンセと、彼女の夫でラッパーのジェイ・Zを非難し、ファンからひんしゅくを買っていたことが明らかとなった。米E!Onlineなどが報じている。

ビヨンセとジェイ・Zと交流が深いことで知られるカニエ・ウェスト。今月19日(土)、カリフォルニア州サクラメントで行われたコンサートのステージ上で今年8月に開催されたビデオ・ミュージック・アワードでの出来事について、不満の意を示したという。

「ビヨンセ、俺は傷ついた。君が、俺と俺の曲"Hotline Bling"を打ち負かして最優秀ビデオ賞を受賞できないなら、パフォーマンスしないと言ったと聞いた。俺としては、ビヨンセを悪く言うつもりはない。彼女は最高だし、テイラー・スウィフトも素晴らしい」と、ビヨンセに失望したと胸中を打ち明けた。

続けて、「みんな素晴らしいし平等だ。だけど時々、勝つために裏工作をしすぎて、自分が誰だか忘れてしまうんだ。勝つことなんてクソだ! 見た目なんてクソだ!」と、放送禁止用語を連発。さらに、「自分の命と成功、アーティスト生命の危険を犯して、ファンに真実を伝えている。ジェイ・Z、電話をくれ!」と叫び、支離滅裂なことを口走っていたとのこと。

さらに、たった30分でカニエがステージを下りてしまい、彼の意味不明な言動に、会場にいたファンから不満の声が挙がっていたようだ。そのハプニングから2日後の21日(月)、カニエは残りのツアーをキャンセルし、疲労のためロサンゼルスの病院に入院したと報じられている。(海外ドラマNAVI)