交換してよっ!! 自分の彼にしたいと思った、女友だちの彼の条件6つ!

写真拡大

女友だちと彼氏の話をしていて、相手の彼氏のほうが素敵に思えてしまった経験がある女性は多いのではないでしょうか。女友だちの彼氏に対し、「自分の彼氏だったら良かったのに」とついつい思ってしまうような条件はどんなものなのでしょう。

■収入が多い

・「高給取りだった。余裕がありそうでうらやましかった」(33歳/学校・教育関連/技術職)
・「稼ぎが良くて、知的な男性。頼りがいがあるから」(26歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

自分の彼の収入について気にしているつもりはなくても、友人の彼と比べてしまうとどうしてもうらやましくなることもありますよね。お金に余裕があれば、2人の関係にも余裕が生まれてうまく付き合っていけそうです。

■マメで几帳面

・「とてもマメで、友だちからうっとうしがられている彼氏さん。粗雑な私となら合うのに、といつも思う」(32歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)
・「マメな人。自分の彼は時々大ざっぱすぎて、自分がイライラしてしまったことがあるから」(26歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

マメなことも大ざっぱなことも、どちらも悪いわけではありません。相性がいいか悪いか、という点が重要なので、友人よりも自分のほうが相性がいいのに、とつい感じてしまうこともあるでしょう。

■イケメン

・「イケメン。私の彼よりも何十倍かっこいい顔」(25歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)
・「とにかく整っていてモデルみたいな人」(28歳/医薬品・化粧品/販売職・サービス系)

顔だけで彼氏を選ぶわけではないといっても、やはり女性ならみんなイケメンにはドキッとしてしまうものです。自分の彼よりもずっとイケメンな女友だちの彼氏は、彼女と2人きりのときにはどんな表情をするのか気になるという意見も。

■相談もしっかり聞いてくれる

・「こちらの話を親身に聞いてくれて、的確なアドバイスをくれる男性」(32歳/自動車関連/技術職)

自分の相談もしっかり聞いてくれる上、アドバイスも的確にしてくれる彼はとても頼りになりそうです。自分の彼との頼りがいの差につい落胆してしまったとしても仕方ありません。

■趣味や価値観が合う

・「趣味が合い休みも合い笑いのつぼや考えが似ている人です。けんかもするけどすぐに仲直りできる関係がうらやましかったです」(24歳/金融・証券/営業職)

趣味やセンス、考えなども似ているカップルは、恋人という関係だけにとどまらず、時には友だちや家族のような雰囲気になることもあります。お互いがすべてとも言えるようなその空気感がうらやましくなることもありますよね。

■一緒にデートを楽しめる

・「車好きで、ドライブに連れて行ってくれる人。ドライブデートが好きなので、そういう人がうらやましいから」(33歳/食品・飲料/事務系専門職)
・「行動的な人。自分の彼氏は極度のインドアで、お出掛けしようって誘っても文句しか言わない。いつもどこかに連れて行ってくれる彼氏がうらやましい」(25歳/医療・福祉/専門職)

人としては好きでも、趣味やデートの好みが合わないとなかなか2人とも楽しめるデートはできないですよね。女友だちの彼氏と自分の趣味やデートに対する考え方などが似ていたら、自分と付き合ってくれたらいいのに……とつい考えてしまいそうです。

■まとめ

女友だちの彼に対しうらやましいと思ったり、「自分の彼氏だったら良かったのに」と思う理由としては、収入が多いこと、金銭的に余裕があることが圧倒的に多いようです。お金に関する考え方や余裕がちがえば、日々のデートや記念日のプレゼントなど、いろいろなところに影響してきますからそれも当然かもしれません。うらやましくなることもありますが、隣の芝生は青く見える、という言葉があるようにいい部分の話だけを聞いているということも忘れないようにすれば、自分の彼氏にもいいところがたくさんあることを心にとめておけそうですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年10月にWebアンケート。有効回答数131件(22〜34歳の働く女性)