トヨタ自動車が米カリフォルニア州で、大型トラックへのFC(燃料電池)搭載を目的とした技術・事業化スタディを進めると発表しました。

1

同社はこれまでに市販を実現したFCV「ミライ」をはじめ、FCフォークリフト、家庭用の定置式燃料電池などで技術開発・商品展開を推進しており、経済産業省主導の「低炭素社会システム実証プロジェクト」では日野自動車と共同で「FCバス」を開発

2020年の東京五輪に向けては、観客や出場選手の送迎用等に100台を超えるFCバスの投入を予定しています。

また2017年3月にトヨタブランドからFCバスの販売を予定しており、東京都交通局が運行する路線バスとして2台が採用される見込み。

同社は今後、大型FCトラックの実現により、「貨物輸送におけるゼロ・エミッション」に貢献することを視野に入れて調査を行なう予定で、プロジェクトの進捗に応じて、順次進展状況を公表するとしています。

Avanti Yasunori・画像:トヨタ自動車)

【関連記事】

トヨタが東京五輪に向けて100台超の燃料電池バスを投入!
http://clicccar.com/2016/11/02/413197/

トヨタが工場に燃料電池発電を導入!「工場CO2ゼロチャレンジ」の実現を目指す
http://clicccar.com/2016/09/15/399446/

京都市がFCV・ミライを活用したカーシェアリング事業をスタート!
http://clicccar.com/2016/08/17/393190/

トヨタ自動車、太陽光で製造する「CO2フリー」水素の実証試験へ!
http://clicccar.com/2016/07/04/383345/

トヨタが2020年に水素でFCVを生産!年内に実証実検へ
http://clicccar.com/2016/02/11/353500/

トヨタがFCV「ミライ」の技術を大型トラックに応用へ(http://clicccar.com/2016/11/24/419793/)