高畑充希がヒロインの森川ココネとして美声を披露!/(C)2017 ひるね姫製作委員会

写真拡大

'17年3月18日(土)に公開される、神山健治原作・脚本・監督の「ひるね姫 〜知らないワタシの物語〜」で、ヒロインの高畑充希が森川ココネ名義で歌う主題歌が完成した。

【写真を見る】神山健治監督の熱烈オファーを受けて高畑充希が主題歌も担当!/(C)2017 ひるね姫製作委員会

神山監督が最新作のモチーフに選んだのは「夢」。人はどうして夢を見るのか、自分では気付かない無意識のストレスや心の渇き、心の中に足りなくなっている何かをサプリメントのように補ってくれるのが、夢の役割なのかもという視点から、夢と現実が交錯する神山監督初の劇場オリジナルアニメーションが産声を上げた。

物語の主人公はいたって平凡な女子高校生・ココネ。特技といえばどこでも眠れることくらいな彼女が、大きな冒険の末に見つけた小さな真実とは?

今より少し先の未来を舞台に、夢とリアルをスリリングに行き来するロードムービーとなっている。

そんな本作の主題歌は、'67年に発表されたモンキーズのオリジナルを、日本の伝説的ロックスター、故・忌野清志郎さんによく似たZERRY率いるタイマーズがカバーした名曲「デイ・ドリーム・ビリーバー」。「夢」と「去った人への想い」を歌ったこの曲は、映画のテーマとも共鳴している。

そして今回その曲を歌うのは、映画の主人公・森川ココネ(声=高畑)本人。“映画のエンディングで流れる主題歌もストーリーの一部”と考える神山監督は、まるで映画のストーリーをなぞらえて、主人公の気持ちを代弁するような歌だからこそ、「デイ・ドリーム・ビリーバー」は主人公に歌ってほしい、と高畑に熱烈オファー。

ミュージカルなどで歌声にも定評がある高畑が、自身の名義ではなく森川ココネとして歌う。

このたび解禁された予告編では、ココネと満島真之介演じる幼なじみの大学生・モリオとのやりとりなど、ごく普通の日常が映し出される前半から一変、江口洋介演じるココネの父・モモタローが、突然警察に逮捕され、東京に連行されてしまうショッキングなものに。

海中から突如姿を現した異形の怪物、謎のタブレット、ココネのもとに現れる訪問者…次々と起こる現実世界の出来事が、何度も見ていた夢とつながっていることに気付くココネ。

全てを知るため、そして父親を助けるためにココネは眠る。さらに、予告編の最後に何かを発見して驚き、彼女が流す涙の意味とは…。ココネの知らない“ワタシ”の物語が、動きだす。

【高畑充希コメント】

自分が声優を務めた作品で、主題歌も担当するのは初めての挑戦です。しかもすごく好きな曲を。やはり私の中では清志郎さんのすてきなイメージがいまだに鮮やかで、カバーするには勇気が必要だと思いましたし、私で大丈夫かなという不安な気持ちはありました。

ですが、役がそのまま歌うようにエンドロールに入っていきたいと監督が仰ったので、それだったら面白いのではないかと思い、チャレンジさせていただくことになりました。

清志郎さんとはまた違った、ココネからの目線で楽曲を見られたらいいなと思い、この最高に格好いい曲を全力で楽しむことに集中しました。ココネから見えた「デイ・ドリーム・ビリーバー」も、よろしくお願いします。

【神山健治監督コメント】

高畑さんは歌い手としても優れていることは分かっていましたが、「デイ・ドリーム・ビリーバー」を最初に聞いた時、思わずニヤニヤしてしまうくらいうれしかったです。

音楽としても素晴らしい。この楽曲は高畑さんでなければ意味がありません。“高畑さんが演じる森川ココネ”に歌ってもらうことで作品が完成すると言ってもいいくらいです。主題歌を引き受けていただき、非常にうれしく思います。