現在発売中の「ダイヤモンドZAi」1月号では、15位までの銘柄を公開中!

写真拡大 (全3枚)

2016年もあと残り1ヵ月ちょっと。NISAの今年の枠120万円が残っている人は、有効に活用したいところ。では、損しないためには、どのように株や投資信託を選べばいいのか。今年、NISAで買われた株と投資信託15本ずつを紹介しながら、買うべき株や投資信託の選び方、基礎知識のおさらいと損をしないための注意点を紹介しよう!

個人投資家がNISAで買っている人気の銘柄は?

 2016年も残すところ1カ月ちょっと。今年のNISA枠の“使用期限”も迫ってきた。せっかくあるものは、存分に使いたい。そこでまず参考にしたいのが今年、NISAではどんな株と投資信託が人気を集めたのかだろう。

 そこでネット証券5社の個別株と投資信託のNISA買付額を調べてみると、株では高配当の銘柄に人気が集中。レバレッジ型ETFもランクインしている。

【今年NISAで買われた株】
高配当の銘柄に人気が集中! レバレッジ型ETFもランクイン
順位市場/コード最低購入金額株価(11/4時点)/(単元)配当利回り
1位みずほフィナンシャルグループ
東1/84112万円171円 /(100株)4.36%
2位トヨタ自動車
東1/720357万円5698円 /(100株)2.63%
3位三菱UFJフィナンシャル・グループ
東1/83065万円519円 /(100株)3.47%
4位三井物産
東1/803114万円1391円 /(100株)3.59%
5位キヤノン
東1/775130万円2970円/(100株)5.05%
6位イオン
東1/826714万円1439円 /(100株)2.09%
7位NEXT FUNDS日経平均レバレッジ上場投信
東1/15701万円1万1410円 /(1株)
8位三井住友フィナンシャルグループ
東1/831635万円3498円 /(100株)4.29%
9位ANAホールディングス
東1/920229万円291円 /(1000株)2.06%
10位オリックス
東1/859116万円1591円 /(100株)3.21%
11位ゆうちょ銀行
東1/718212万円1195円/(100株)4.18%
12位日産自動車
東1/720110万円1012円 /(100株)4.75%
13位東芝
東1/650236万円364円/(1000株)0%
14位パナソニック
東1/675210万円977円/(100株)2.05%
15位武田薬品工業
東1/450246万円4558円/(100株)3.95%
※16年1月〜9月の買付額でランキング。データはSBI証券、カブドットコム証券、松井証券、マネックス証券、楽天証券の合計。株価は11月4日時点のもの。

 一方、投資信託では、トップ15のうちリート型が4本。インデックス型が5本を占める結果となった。

【今年NISAで買われた投信】
トップ15のうちリート型が4本 インデックス型が6本を占める
順位運用会社基準価額(11/4時点)上昇率
1年3年5年
1位ワールド・リート・オープン(毎月決算型)
三菱UFJ国際2998円-12.1%21.8%83.6%
2位ニッセイ日経225インデックスファンド
ニッセイ1万8360円-7.2%27.0%109.0%
3位ニッセイ外国株式インデックスファンド
ニッセイ1万843円-12.5%
4位ラサール・グローバルREITファンド(毎月分配型)
日興2623円-14.6%22.7%86.9%
5位フィデリティ・USリート
フィデリティ4049円-9.1%38.4%118.0%
6位ひふみプラス
レオス2万7051円6.9%56.8%
7位日本株ハイインカム(毎月分配型)
アストマックス2585円15.2%18.1%
8位日本株アルファ・カルテット(毎月分配型)
大和住銀4136円6.8%
9位SBI資産設計オープン(資産成長型)
三井住友トラスト1万2693円-7.1%16.3%72.3%
10位SMT グローバル株式インデックス・オープン
三井住友トラスト1万2217円-12.7%18.0%101.5%
11位世界経済インデックスファンド
三井住友トラスト1万8097円-8.9%6.0%52.0%
12位eMAXIS バランス(8資産均等型)
三菱UFJ国際1万6422円-5.6%13.2%66.3%
13位楽天USリート・トリプルエンジン(レアル)毎月分配型
楽天投信2960円3.6%14.8%74.8%
14位健次[グローバル・ヘルスケア&バイオ・ファンド]
三菱UFJ国際7636円-21.4%34.6%166.9%
15位eMAXIS 新興国株式インデックス
三菱UFJ国際1万1605円-6.1%-3.2%61.6%
※16年1月〜9月の買付額でランキング。データはSBI証券、カブドットコム証券、松井証券、マネックス証券、楽天証券の合計。


 年内に間に合わせるため、これらを参考にしてすぐに株や投資信託を買わなければ…と思った方、ちょっと待った! 焦りはケガの元だ。駆け込みで投資するにしても、商品や買い方の吟味を怠ってはいけない。特に個別株など、まとまった資金で投資する場合には、タイミングが重要だ。

「NISAは利益が非課税になる制度ですから、期待できる利益が大きいもの、つまり株式型投資信託や個別株を買うのがオトクです。ただし、あくまで“利益が出たとき”に得する制度なので、一括で買いたい人は、何を買うのか、いつ買うのかをより慎重に考える必要があります」(FPでファイナンシャル・ジャーナリストの竹川美奈子さん)

 いくら儲けが出ても税金がかからない、という大きな魅力の一方で、NISAには損益通算ができない、非課税期間の終了時に値下がりしていると税金面で得どころか損をしかねない、という弱点もある。

 NISAで買った株や投資信託を一般口座に移すと、その時点での価格が「取得価格」になる。例えば、50万円で買った株が30万円に値下がりしていたら、30万円で取得したと見なされる。そこから株価が戻ると“値上がり益”として20%の税金がかかってしまう。実際には利益が出ていないのに、だ。有効活用するには、“負けない”ための知恵が必要なのだ。

 タイミングという点では、高値づかみを避けたいところ。相場全体が大きく下げたときなどが狙い目だ。米国の大統領選でも株価が一時大きく下落したが、もし世界株安が起きたりした場合は、むしろチャンスと捉えよう。

投資信託での積み立てなら相場動向も関係なし!

 もちろん、銘柄や商品の選定も大切だ。さらに「どのくらいの期間保有するかや、非課税期間が終わったときにどうするか、なども考えておく必要があります」(竹川さん)。

 そうした判断は荷が重いという人は、今年の枠から投資信託の積み立てをするといい。買いの時期を選ぶ必要はなく、すぐに始めてもOKだ。

 さらに相場も気にしなくていい。「むしろ値動きが大きいほうが、勝てる可能性が高くなります」(FPアソシエイツ&コンサルティング代表の神戸孝さん)。積み立て投資では、株価が上がったときには買う量が少なくなり、下がったときには多くなるので、値動きが大きいほど平均取得単価が下がる、つまり安く買えることになるからだ。

 では投資信託では何を買えばいいか。

「世界の株に分散投資するのが基本です。先進国株と新興国株、あるいは世界株全体に投資する、低コストのインデックス投資信託がいいでしょう。個別株やアクティブ投資信託を買いたいという人も、まずはインデックス投資信託で“ベース”を作っておくべきです」(竹川さん)

 そのうえで、具体的には何をどう買うべきか。なかでも投資信託の魅力は1万円程度から買えることと分散投資が簡単にできること。積み立て投資と相性がよく、資金が少ない人や投資初心者にも向く。

 種類も非常に豊富だ。ただその分、選び方が重要となる。投資商品を選ぶとき、リターンつまり儲けにばかりに目が行きがちだが、リターンが高いものは、リスクも高いということを忘れてはいけない。

 ダイヤモンド・ザイ1月号では、損しないための株と投資信託の選び方と「おすすめの投資信託22と株12」を大公開! なかでも投資信託については、「日本株型」「バランス型」「リート型」「海外株型」「海外債券型」にわけて紹介している。

 例えば、「日本株型」としておすすめしているのが、個性的な運用で好成績をあげるひふみ投信の「ひふみプラス」。「バランス型」では、これ1本で分散投資ができる「三井住友・ライフビュー・バランスアセット70」(三井住友アセット)や安定型でも特に低リスクな「ハッピーエイジング60」(損保ジャパン)をおすすめしている。