コストを抑えて4K放送へ移行できるチューナーレスモデル

写真拡大

デジタルコンテンツ配信などを手がけるDMM.com(東京都渋谷区)は、国内外の家電製品の流通・販売を支援する「DMM.make Distribution」部門のブランド「DMM.make」第1弾として50型と65型の4Kディスプレイ「DMM.make DISPLAY」を2016年11月15日から順次販売を始めた。

チューナーは非搭載

4K(3840×2160ピクセル)パネルを採用し、デジタル一眼レフカメラで撮影した写真や4K動画などを高精細な画面で楽しめる。チューナー非搭載。

毎秒60コマ「4K60p」入力対応のHDMI2.0ポートを備えたほか、コマとコマの間を補完し、毎秒最大120コマの滑らかな映像を映し出す「120Hz倍速駆動」を搭載。著作権保護コンテンツの再生が可能な「HDCP2.2」対応のHDMI端子×4ポートを備える。

価格は、50型「DME-4K50D」が5万9900円(税別)。11月末発売予定の65型「DME-4K65D」が15万9900円(同)。