大前研一氏はトランプ新大統領をどう見る?

写真拡大

 大方の予想を覆して米大統領選を制したドナルド・トランプ氏は、どのような大統領になるのか。経営コンサルタントの大前研一氏が、最近よく引き合いに出される歴代最年長(69歳349日)で大統領に就任した故ロナルド・レーガン氏(第40代大統領)とトランプ氏を比較する。

 * * *
 大統領に就任した後のトランプ氏はどうなるのか? トラブルメーカー以外の何者でもないだろう。

 トランプ氏は来年1月20日の就任時の年齢が70歳220日で、69歳349日だったロナルド・レーガン元大統領を上回って史上最高齢の大統領となり、同じ共和党のレーガン大統領が「強いアメリカ」を公約に掲げていたこともあって2人を比較する向きもあるが、両者は全く違う。

 たとえば、トランプ氏は政治の素人だが、レーガン氏はカリフォルニア州知事を8年間務め、素晴らしい実績を残している。

 さらに、レーガン氏は大統領就任後、旧ソ連との冷戦を終結に向かわせただけでなく、金融・運輸・通信の3分野における規制撤廃と大幅減税を柱とする経済政策「レーガノミクス」によってアメリカ経済を再生した。今日のアメリカ経済の強さは、すべて「レーガノミクス」が素地になっていると言っても過言ではない。

 トランプ氏に批判的な“沿岸合衆国”(西海岸と東海岸)の隆盛を導いたのも「レーガノミクス」だったことを考えれば、両者の相違は鮮明だろう。

 一方、トランプ氏は選挙中の公約をほとんど実現できない可能性が高いと思う。なぜなら、彼が主張していることを全部足してみると、全く辻褄が合わないからだ。すでに軌道修正を始めているが、もし公約通りの政策を実行すれば、アメリカと世界は大混乱に陥るだろう。

※週刊ポスト2016年12月2日号