セウォル号沈没事故の前日(左)と事故発生後の朴槿恵氏の顔写真を比較した動画からのキャプチャー。動画は字幕で、事故後に目の周りのしわが消えている、と指摘している

写真拡大

北朝鮮の朝鮮中央通信は23日、「憤怒をかき立てる朴槿恵逆徒の7時間の行方の真相」と題した記事を配信。韓国メディア・国民日報の17日付の記事を引用し、大型客船・セウォル号の沈没事故の事故が発生した日の朴槿恵大統領の7時間にわたる行動が説明されていないのは整形手術を受けていたからだ、とするインターネット上の動画が話題を呼んでいると報じた。

件の動画は、沈没事故が発生する前と発生後の朴氏の顔写真を比較し、「目の周りのしわが消えている」と指摘する内容。

ただ、動画に付けられた字幕には、「(朴氏に)異常者でブタの金正恩が率いる北朝鮮軍と向き合うこの国の安保を任せることができるのか?」などと、北朝鮮の金正恩党委員長を罵倒する内容もある。

朝鮮中央通信は動画を確認せず、国民日報の報道だけを頼りに記事を作成したものと思われる。北朝鮮では、当局者といえどもネットへの接続が厳しく制限されており、朝鮮中央通信に対しても、ネットの自由な閲覧が許可されていない可能性が高い。