思いの詰まった3作品を上映!

写真拡大

 俳優の井浦新が、東日本大震災で被災した東北三陸沖沿岸地域にライブハウスを建設するプロジェクト「東北ライブハウス大作戦」とタッグを組み、12月22、23日に自選映画上映会を開催することが明らかになった。

 会場となるのは、岩手・宮古のKLUB COUNTER ACTION MIYAKO。井浦は、「ライブハウスに生きる仲間たちが全力で立ち上げたプロジェクト【東北ライブハウス大作戦】。ライブハウスで育った端くれとして、どうにか携わりたかった!今回、このような機会をつくれて本当に嬉しく思います」と喜びをかみ締めている。

 上映されるのは、井浦の俳優人生に大きな“うねり”をもたらした3作品。銀幕デビュー作となった是枝裕和監督作「ワンダフルライフ」は22日午後7時、第55回ブルーリボン賞で井浦に助演男優賞をもたらしたヤン・ヨンヒ監督作「かぞくのくに」は23日午後1時、第65回カンヌ国際映画祭・ある視点部門に正式出品された故若松孝二監督作「11.25自決の日 三島由紀夫と若者たち」は23日午後7時から開演となる。

 両日とも、上映後に井浦が約60分のトークライブを行う。当日を心待ちにしており、「バンドマンは音楽で人と人を繋げ、大きな輪をつくり、対話をすることができる。自分にとってのそれは、映画なのだと思います。今回、役者として参加してきた映画の中から、思い入れ深い3作品を選ばせてもらいました。映画館とはまた雰囲気の違うライブハウスでの上映は、自分も初めてです。いつもとは違う対話が生まれてくるのではないかと、楽しみにしています」と熱いコメントを寄せた。

 なお、収益金は「東北ライブハウス大作戦」で作られたライブハウスの運営費として寄付されるという。チケットは各回前売り1300円で、通し券3500円も含め、プレイガイドe+イープラス&KLUB COUNTER ACTION MIYAKO店頭で発売中。