安倍首相がトランプ氏に贈ったドライバーは「中国企業ゆかりの品」

写真拡大

 次のニュースを読んで、私はまず唖然とした。そして、そういうこともあるのか、と逆に釈然とした。

 まず、このニュースの内容を紹介しよう。

 スポーツ報知が11月19日、配信した記事で、「安倍首相、トランプ氏との初会談で黄金50万円ドライバーをプレゼント」と題したものだ。

“安倍晋三首相(62)は17日夕(日本時間18日朝)、米ニューヨークでドナルド・トランプ次期大統領(70)との初会談に臨んだ。トランプタワーにある同氏の自宅で約90分間に及んだ会談の席上、首相はゴルフ好きのトランプ氏にドライバーをプレゼント。

 世界が熱視線を送ったトランプ氏との初会合で、安倍首相が満を持して放った「飛び道具」は金色に輝く最高級ドライバーだった。

 同行筋によると、安倍首相からサプライズプレゼントを受け取ったトランプ氏は箱を開けると、さっそくスイングを繰り返して「飛びそう」とご満悦だった模様。お返しにと、首相にはシャツなどのゴルフ用品を贈った。どちらもゴルフ関連アイテムになったのは「偶然の一致」という。

 布石は、今回の会談の約束を交わした日本時間10日の電話にあった。トランプ氏を祝福するため、安倍首相が掛けた約20分間の電話で、互いの趣味であるゴルフが話題になっていた。

 関係者によると、首相は電話会談の内容を受け、プレゼント用の国産ドライバーの購入を外務省に指示。同省職員が本間ゴルフ八重洲店(東京都中央区)を訪れ、同社のドライバー「BERES S-05」シリーズの最高級モデル「5Sグレード」を購入した。……(略)”

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)