「アトム ザ・ビギニング」来春NHKで放送 (C)手塚プロダクション・ゆうきまさみ・
カサハラテツロー・HERO'S/
アトム ザ・ビギニング製作委員会

写真拡大

 月刊「ヒーローズ」(ヒーローズ刊行)で連載中の漫画を原作とするテレビアニメ「アトム ザ・ビギニング」が、2017年春からNHK総合テレビで放送を開始することがわかった。あわせて、ティザービジュアルやアニメ版タイトルロゴ、メインスタッフ情報が公開されている。

 「アトム ザ・ビギニング」は故手塚治虫さんの代表作「鉄腕アトム」の主人公ロボット・アトムが誕生するまでの物語。大災害に見舞われた近未来の日本を舞台に、のちにアトムを作りあげることになる天才科学者・天馬午太郎と、アトムのよき理解者となるお茶の水博志の友情と対立や、めざましい進歩を見せる人工知能搭載の人型ロボットの活躍と変容が描かれる。漫画を「フルメタル・パニック! 0 ‐ZERO‐」のカサハラテツロー、コンセプトワークスを「究極超人あ〜る」のゆうきまさみが手がけ、監修として手塚治虫さんの長男で映画監督の手塚眞、協力として手塚プロダクションが参加する。

 制作には、監督として「機動戦艦ナデシコ」「モーレツ宇宙海賊」の佐藤竜雄、シリーズ構成として「BLOOD+」「APPLESEED XIII」の藤咲淳一が携わり、企画監修として「PSYCHO-PASS サイコパス」やドラマ「踊る大捜査線」を手がけた本広克行も参加。アニメーション制作は「ポケットモンスター」シリーズのOLM、「攻殻機動隊」シリーズのプロダクションI.G、「CYBORG009 CALL OF JUSTICE」「ひるね姫 知らないワタシの物語」のSIGNAL.MDの3社による共同で行われる。