©2016 Disney

写真拡大

2017年3月10日に日本公開される映画『モアナと伝説の海』。

【動画】新ヒロインに大注目!『モアナと伝説の海』特報

本国アメリカではそれに先駆け2016年11月23日に公開されました。

ディズニー長編アニメーション最新作は、南国の島々を舞台に描かれる、海に選ばれた少女とデミゴッド(半神半人)の伝説の物語。

美しい世界観と2人の冒険、そしてこれを音楽が彩る傑作です。

公開が待ちきれない方のために、ネタバレを極力避けたレビューです。

“海に選ばれた少女”モアナが美しい世界観で繰り広げる大冒険

『モアナと伝説の海』主人公のモアナはモトゥヌイ島のチーフの娘として生まれた16歳の女の子。

運動神経が良く、思いやり深く、とても賢く、不屈の根性を持つヒロインです。

モアナは幼いころから海と友達でした。

海に選ばれた少女である彼女は、おばあちゃんから聞く伝説の通り、世界を救うための冒険に出かけます。

ポリネシア伝説のヒーロー マウイ

モアナが挑む伝説の主人公はデミゴッド(半神半人)のマウイ。

マウイは魔法の釣り針を持ち、あらゆる生き物に変身することができます。

何千年も昔、魔法の釣り針で島を引き上げ、太陽を近付けた伝説のヒーローがマウイ。

魔法の力で何でもできる超人、まさに神のように思えるマウイですが、彼にもまたモアナと旅する理由がありました。

南の島々で語り継がれてきた伝説。

伝説の舞台である海に選ばれたモアナと、伝説の主人公マウイがともに冒険へ出かける理由とは。

そして、2人の冒険の先にあったものとは…

『モアナと伝説の海』は、うっとりしてしまうほど美しい世界観の中で、誰もが好きになるキャラクターたちが伝説に挑む冒険へと出かける、美しくも心躍る物語です。

キャラクターとして描かれる美しい海

モアナは幼いころ海と友達になりました。

この作品で「海」はただの自然として描かれるだけでなく、意思を持ったキャラクターとして描かれ、行く先々でモアナを助けます。

ディズニーの最新CG技術で描かれる海は、見とれてしまうほど美しいもの。

友達として振る舞ったり、島を他から隔てたり、時に厳しく時に優しい「海」の表情は、伝説を導き、モアナたちの心を伝える重要なキャラクターの一人です。

心に残る名曲の数々

『モアナと伝説の海』では、『ライオン・キング』や『ターザン』のマーク・マンシーナが音楽を担当。

劇中ではオリジナル曲が7曲歌われ、南の海の文化を美しく描きます。

中でも、モアナが歌う「How Far I'll Go」は心に残る名曲。

リプライズとして物語のキーポイントでモアナの心情を伝えてくれます。

そして、マウイの「You're Welcome」はディズニーアニメーションらしい一曲。

「Shiny」と共に、鑑賞後もつい歌ってしまうような曲です。

ディズニーの“伝説”が現代に蘇る

『モアナと伝説の海』の舞台は、オセアニアの人々や文化にインスピレーションを受けた南国の世界。

「大きい島」を意味するモトゥヌイ島には、たくさんの伝説が語り継がれています。

千年もの間その伝説はただ語り継がれるだけの存在でした。

海に選ばれたモアナは、伝説の主人公マウイと共に、この伝説に新たな一ページを刻む冒険に出るのです。

美しい南太平洋の風景と、そこで語られる心躍る伝説。

その美しい世界観を描くのは、『リトル・マーメイド』や『アラジン』のジョン・マスカーとロン・クレメンツが監督です。

ディズニー映画の第二次黄金期を作った伝説のコンビが、第三次黄金期が栄える現代にはじめて3DCGに挑んだ作品です。

『ベイマックス』や『ズートピア』といった近年の重厚で謎解きに満ちた作品とは一味違う、まさに「伝説が現代に蘇る」ような作品になりました。

『リトル・マーメイド』や『ライオン・キング』の時代のディズニーアニメーションを思い出させながらも、現代らしい世界観が描かれます。

この感覚はディズニーファンの心に響き、何度も観たくなる心地よさを与えてくれることでしょう。

『モアナと伝説の海』は2017年3月10日、日本公開です。