「バイオハザード」地上波2週連続放送が決定

写真拡大

12月23日より日本で世界最速公開される、シリーズ第6弾にして最終作「バイオハザード:ザ・ファイナル」。その公開を盛り上げるべく、12月18日(日)21時より「バイオハザードIV アフターライフ」、さらに翌週12月24日(土)21時より「バイオハザードV リトリビューション」をテレビ朝日にて放送することが決定した。

今回放送される「バイオハザードIV アフターライフ」は、最終章でカムバックを果たすクレア役のアリ・ラーターの出演のほか、人々をアンデッド化させるT-ウィルスの感染が世界で最初に確認された場所として東京・渋谷が舞台になっているほか、日本から歌手の中島美嘉がアンデッド役で出演するなど話題となった作品。シリーズ最高となる47億円の興行収入を記録した。

続く「バイオハザードV リトリビューション」では、1作目のレイン役ミシェル・ロドリゲスや2作目のジル役シエンナ・ギロリーはじめ、過去に登場した人気キャラクターが再結集し、最終章に向けて驚きの新展開を見せるとともに、さらなるスケールアップしたアクションを繰り広げる。