23日、台湾の掲示板サイトにこのほど、「みんなが日本に抱いている美しい幻想を田舎もんの俺が喝破!これが本当の日本だ!」との記事が書き込まれた。幻想が8項目挙げられている。写真は大阪。

写真拡大

2016年11月23日、台湾の掲示板サイトにこのほど、「みんなが日本に抱いている美しい幻想を田舎もんの俺が喝破!これが本当の日本だ!」との記事が書き込まれた。幻想が8項目挙げられている。

(1)トイレは全部が全部温水洗浄付きの便座ではない
(2)コンビニで売っている商品は台湾との差はない
(3)日本人の誰もが時間を厳守するわけではない
(4)電車内では誰も話さないというのは誇張しすぎ
(5)営業時間外に銀行の預金を引き出すには手数料がかかる上、ATMは24時間営業でもない
(6)自家用車もバスもタクシーもみな歩行者に優しいのはたしかに事実
(7)大阪では自転車の信号無視が激しい
(8)大阪の地下鉄の規模は台北より上だが、乗り換えのしやすさや案内板のデザインなどは台北の方が優れている

また、地震警報や防災予報、観光スポットのプランニングや公共交通機関など、日本には学ぶべき優れた点が数多くあり、その背景には重たい税金や複雑な規則があることも忘れてはならないと指摘。台湾ではネット上も含め、自分たち台湾を卑下することと日本を称賛することがセットになりがちなことに疑問を呈している。(翻訳・編集/岡田)