福士蒼汰(左)と小松菜奈(右)

写真拡大

映画『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』の完成披露舞台挨拶が11月23日に都内で行われ、福士蒼汰 小松菜奈、東出昌大、山田裕貴、三木孝浩監督が登壇した。

『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』完成披露舞台挨拶、その他の写真

本作は「学園とセカイと楽園(がくえん)」「君にさよならを言わない」などで知られる七月隆文の同名小説をもとに、『ホットロード』『アオハライド』などの三木監督がメガホンがとった恋愛映画。福士と小松が初共演し、京都を舞台に時の奇跡が起こす切ない恋物語を描く。

この日は劇場後方から客席間の通路を通って登壇する演出が行われ、ファンは大熱狂。福士は三木監督作品初参加で、「監督はいつもニコニコしていて現場が明るくなる印象が強いです」と振り返ると、映画では初参加となる小松も「怒っているところは見たことがないです。現場も温かくて私たちも色々相談できる空気を作ってくれて、素敵な監督でした」とべた褒め。これに三木監督は照れくさそうな表情を浮かべながらも「やさしいラブストーリーなのに、現場で『こら!』とか言っていたら嫌じゃないですか」と和やかな笑みで返した。

また、三木監督といえば恋愛映画の名手。本作でもナチュラルなデートシーンが描かれており、福士が「事前に打ち合わせはそんなしてないよね?」と小松に聞くと、小松も「全然してないです」と返答。長回しで遠くから撮るなど三木監督のこだわりも語られ、福士は「細かい演出はなくて、『2人で楽しんでいる様子を撮りたい』という大きな演出の中で、2人でアドリブのように楽しむのが多かったです」と撮影の様子も紹介した。

舞台挨拶の中盤では劇中の胸キュンシーンを答える場面も。これに福士が「改めて名前を呼び合うシーンは恥ずかしくて、あそこはキュンとしました」と語れば、小松も「名前を呼び合うって結構照れますねよ」と同調しつつ、「私は違います」とあっさり否定して会場は大きな笑いに。続けて、「わたしは高寿(福士)が初デートに誘うときの電話の2人のやり取りの感じが可愛いなって思いました」と振り返った。

さらに、映画にちなんでそれぞれがまだ付き合う前に誘たいデートプランも告白。まずは三木監督が「映画しか思い浮かばないです。今の奥さんを初めて誘ったのは『スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃』でした」と振り返ると、山田は「深海魚の水族館がいいです。深海魚なんて見たことないじゃないですか。それに対してはしゃいでくれるような子がいいな」と独特のプランを提案。

一方、福士は「僕も監督と一緒で映画です。2人でいられる環境を作れるから最初のデートに適した場所じゃないかな」と話すと、東出は「海釣りが好きなので、釣りです」とコメント。これに小松は「(自分が誘うなら)公園とかでいいです。その辺をぶらぶらするだけで」と女子目線で話しつつ、誘われる側の心境としては「映画がいいです。釣りは何時間も待たないといけないので、結構苦痛ですよ。深海魚を2人で見に行くのはちょっと…。映画の方がいい気がします」と山田と東出のプランをバッサリと否定。劇場を大きな笑いに包み、等身大の恋愛トークで盛り上げていた。
(text&photo:中村好伸)