超美人!アシュリー・グリーン
 - Franco Origlia / Getty Images

写真拡大

 映画『トワイライト』シリーズで吸血鬼エドワードの義姉を演じたアシュリー・グリーンが、イギリスのコミックアーティスト、パット・ミルズによるグラフィックノベル「アクシデント・マン(原題) / Accident Man」の映画化作品に出演することになったとDeadline.comが報じた。

 1990年代に出版されたコミックの映画化で、不運な事故を装って暗殺を遂行する敏腕ヒットマンのマイク・ファロンが、元恋人が殺されたのを機に彼女の友人と共に復讐(ふくしゅう)劇を繰り広げるというストーリー。殺された恋人の友人をアシュリーが演じる。

 メガホンを取るのは、映画『マキシマム・ブロウ』のジェシー・V・ジョンソン監督。今月末よりロンドンにて撮影開始予定。

 アシュリーは現在、テレビシリーズ「ウォーキング・デッド」などの俳優アンドリュー・J・ウェストと共演の『アンティクイティーズ(原題) / Antiquities』の撮影中だ。(鯨岡孝子)