萩生田光一官房副長官が民進党ら野党の対応に指摘「ある意味茶番だ」

ざっくり言うと

  • 萩生田光一官房副長官が、衆院採決時の民進党などの対応に言及した
  • 「審議が終わって採決するのを強行的に邪魔をしていく人がいる」とコメント
  • 強行採決など世の中にありえないとし、「ある意味茶番だ」とも指摘した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング