TVシリーズに続き「トリニティセブン」
劇場版主題歌を歌うZAQ

写真拡大

 2017年2月に公開される「劇場版トリニティセブン」の主題歌を、テレビシリーズから引き続きZAQが担当することがわかった。

 「トリニティセブン」は、「月刊ドラゴンエイジ」(KADOKAWA刊)で連載中の原作・サイトウケンジ、作画・奈央晃徳によるファンタジーラブコメディ漫画「トリニティセブン 7人の魔書使い」のアニメ化。テレビシリーズは14年秋に放送され、ファンタジー世界を舞台に、伝説の魔導書を託された魔王候補の春日アラタが、魔導士になることを目指して王立ビブリア学園に入学し、そこで出会った7人の美少女魔導士・トリニティセブンとともに奮闘する姿を描いた。

 主題歌「Last Proof」を歌うZAQは「劇場アニメ化というお話を聞き、またこの作品の世界を作り上げる一員になれることが嬉しくてしかたありませんでした。テレビシリーズのオープニング主題歌『Seven Doors』に負けず劣らずカッコいい曲を、また違う目線から書き上げたつもりです」と語っている。

 「Last Proof」を収録した13thシングルは17年1月25日にリリース予定で、ミュージックビデオとメイキング映像を収録したDVDが付属し、価格は1800円(税抜き)。

 また同日、テレビシリーズでも好評だったメインキャスト陣によるキャラクターソングCDもリリースされる。楽曲は、テレビシリーズの劇伴音楽やエンディング主題歌を手がけたTECHNOBOYS PULCRAFT GREEN-FUNDが担当する。価格は1200円(税抜き)で、楽曲タイトルや歌唱するキャラクターは後日発表予定。