一面真っ白となっているのは、アメリカ・カリフォルニア州サンノゼの一角。

シリコンバレーとしても知られるこの地域に、大雪が降り積もったわけではありません。

その正体は……。

 

This Might Look Like Snow But It's Something Else Entirely


なんと全て泡!


実は隣がサンノゼ空港の格納庫で、火災消火用の装置が誤作動を起こし、泡が外まであふれ出てしまったとのこと。


通りがかった車はこんなことに。水で流せばピカピカになってるかもだけど……。

追記:消火用泡材は合成ゴムへの腐食性があり(タイヤ、ワイパー、ドアシール、フロントグラスのシールなど)、車に付着した場合はできるだけ早く水で洗い流す必要があるとのことです。教えてくださった方、ありがとうございます。


格納庫はプライベートジェット用で、本来は火災の際に大量の泡で消火するシステム。

火災システムの映像。
[動画を見る]
Successful Foam Testing 09-14-2016 - San Jose Airport Hangar 8 - YouTube

[画像を見る]
それが誤作動し、外に流出したため……。

[画像を見る]
周辺が真っ白になりました。

[画像を見る]
強風で舞い上がる泡。

[画像を見る]
最大で高さ3mほどにもなり、楽しそうに突っ切るビジネスマンもいたそうです。

現地映像はこちら。
[動画を見る]
‘Foam party’ at San Jose airport: Fluffy white piles flood Northern CA neighborhood - YouTube

【「これ、雪じゃないなら何?」シリコンバレーのとある敷地が真っ白になる】を全て見る