中華航空、12月からトランスアジア路線引き継ぎへ/台湾

写真拡大 (全2枚)

(台北 23日 中央社)行政院(内閣)の徐国勇報道官は23日、林全・行政院長(首相)が臨時会議を召集し、金門−澎湖線を除くトランスアジア(復興)航空の全路線を12月1日からチャイナエアライン(中華航空)が引き継ぐことを決めたと発表した。

民用航空法の規定にのっとった措置としている。チャイナエアラインの最大株主は、交通部(交通省)主管の財団法人。

(戴雅真/編集:齊藤啓介)