ちまたではよく「気づかいのできる女性がモテる 」とか「気づかいのできる彼女が飽きられない」などと言われますが、それは私たちだって同じこと。男性から気づかいやサポートをしてもらうというのは、とっても嬉しいですよね。思わず惚れてしまいそうになるくらい!
さて、今回はモテ指南の女子コラムはお休みして、男性が女性に対して行う気づかい(体験談あり!)について「うんうん、わかる〜!」と共感したり、娯楽コラムとして気軽に楽しんでいただければと思います。

1: 歩幅を合わせてくれる

・「歩幅を合わせてゆっくり歩いてくれるのが嬉しい!」(30歳/女性)

▽ おしゃれな皆さまのことですから、ヒールを履く機会も多いと思います。高いヒールのときにはとくに歩幅が狭くなりがち……。そういうときにさりげなく歩調を合わせてくれる人はまさしく“デキる男”ですよね!
筆者はなにもないところでつまずくことが多いので、段差があることを教えてもらえると非常にありがたいと思ってしまいます。

2: 車道側を歩いてくれる

・「交通量が多いところでさりげなく車道側を歩いてくれる人は、ステキだな〜と思っちゃう」(28歳/女性)

▽ きっと女性には多かれ少なかれ“守ってもらいたい願望”があるのです。それを満たしてくれる男性に惹かれてしまうのは、もう仕方がありません!

3: 飲み物を買ってきてくれる

・「寒くて凍えそうなときに、近くの自販機でホットココアを買ってきてくれた。温まっておいしかったし、なによりその気づかいが嬉しかった」(29歳/女性)

▽ 暑いときには冷たいもの、寒いときには温かいもの――こういうさりげない気づかいのできる人って、さすがですよね!

4: 疲れたころに休憩の提案をしてくれる

・「体力差を考えて配慮してくれるのは嬉しい!」(31歳/女性)

▽ 自分主体の行動ではなく、相手の状態をよく見極めて合わせることができるというのは、かなりポイントが高いのではないでしょうか。

最後におまけ! 嬉しくなかった気づかいは?

・「ただの会社の同僚に『今日調子悪そうだけど、大丈夫? 生理?』と言われたこと。心配してくれたんだろうけど、あれは気持ち悪かったな〜」(27歳/女性)

▽ デリケートな部分にはズカズカと踏み込まれたくないですよね。たとえ親しい関係性だとしても不快に感じる人もいるので、そのへんをしっかりと理解してもらいたいものです。

・「仕事で失敗して、落ち込んでいたら『話を聞くよ、力になるよ! さあ、言ってごらん!』と言われたことがある。同じ部署でもないのに力になれるわけし、そもそも話したくないから笑ってごまかしていたのに……シツコイ!」(29歳/女性)

▽ 話して楽になることもありますし、話しても楽にならないこともあります。女性はおしゃべりが好きだから、と思っての言動かもしれませんがありがた迷惑ということもありますもんね。

男女問わず、さりげない気づかいができる人ってステキですね。そういう人に、筆者もなりたいです!