好きだけど「結婚はねーわ」と思った女性の言動5つ

写真拡大

付き合うときは猛アプローチで攻めてきた彼氏なのに、結婚の話を持ち出すとなぜか引け腰……なんて不思議な経験をしたことはないでしょうか? 社会人男性にたとえ好きでも「結婚はちょっと……」と思ってしまう、異性の習慣や言動について教えてもらいました。

■最低限のマナーやルールが守れない人

・「気遣いができない。町中で道をよけないとか。割り込み当たり前的な」(34歳/運輸・倉庫/販売職・サービス系)

・「信号を守らなかったりとルールを守らない人。子どもができたときに教育ができなさそうだから」(27歳/機械・精密機器/その他)

マナーやルールが守れない女性は、結婚後はもちろん特に子どもができた後が心配なのだそう。人として守らなければならない最低限のことは、教えられる親でありたいですよね。

■秘密主義な女性も結婚してから大変

・「秘密主義、考えていることを教えてくれない。そこを察するのが男性に求められる点だというのはわかるが、やはり胸中を打ち明けてくれる方がうれしい」(27歳/生保・損保/事務系専門職)

・「結婚するまで素性を明かさない異性。結婚してから一変してしまうと今後が大変だから」(33歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

また気持ちを打ち明けてくれなかったり、素を見せてくれなかったりと秘密主義な女性も男性は結婚をためらいやすいとか。どんな人かわからない相手と結婚するのはリスクが高すぎる?

■ネガティブ発言が多いタイプ

・「いちいち文句を言い合う。お互いを責め合うばかりで内省しない」(30歳/医療・福祉/専門職)

・「ネガティブ発言が多い人。恋人のうちはかわいいと思うけど、結婚して長くネガティブ発言を受けてたら疲れそう」(31歳/機械・精密機器/営業職)

ネガティブ発言が多い女性は、恋人なら「守ってあげたい」と思えても、妻となると正直疲れることも多いよう。長い時間を一緒に過ごすなら、少しでも快適でいられる人がいいですよね。

■浪費癖が激しい女性

・「浪費癖があること。結婚後に家計のやりくりができるのか不安」(33歳/ホテル・旅行・アミューズメント/その他)

・「なんでも高いものをおねだりしてくる女性。人のお財布からお金を使うことに対し、全く感謝の気持ちを出せない人」(30歳/ホテル・旅行・アミューズメント/営業職)

浪費癖が激しく、家計のやりくりを任せられない女性も「結婚はちょっと……」と考えさせられやすいよう。彼氏と結婚話を進めたいなら、金銭感覚の良さをアピールするといいかも?

■趣味や仕事を生きがいにしている人

・「趣味で色々してる人で、結婚したら一緒にいる時間が無く、耐えきれない」(33歳/自動車関連/その他)

・「仕事を生きがいにしている。理由はそのような場合、冠婚葬祭のようなイベントも出てこられないので、家と家との付き合いでは評価が低いため」(30歳/医薬品・化粧品/技術職)

趣味や仕事などに貪欲で、生きがいを持っている女性はとても魅力的な存在。ただ生活を共にする結婚相手となると、その貪欲さに男性は不安を感じることがあるとか……。

一人の女性として魅力的な人と、結婚相手として魅力的な人とでは男性の中で大きな違いがあるよう。人より先に結婚して早く片付いていく女性たちが、いわゆる「モテモテタイプ」でないことがあるのは、男性のこんな気持ちに理由があるのかもしれません。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※マイナビウーマン調べ(2016年6月にWebアンケート。有効回答数202件。25歳〜34歳の社会人男性)