S.E.S.、デビュー20周年記念プロジェクト開始へ!収益の20%は寄付

写真拡大

ガールズグループS.E.S.が14年ぶりに再結成し、デビュー20周年記念プロジェクト「REMEMBER」を開始する。

1997年にデビューし、2017年にはデビュー20周年を迎えるS.E.S.は「REMEMBER」プロジェクトを通じて音楽配信、コンサート、アルバム、リアリティ番組など、様々な形でファンと出会う予定だ。「I'm your girl」「Dreams Come True」「君を愛してる」「Love」「夢を集めて」「Just A Feeling」など多数のヒット曲を誕生させたことはもちろん、韓国のガールズグループの時代を切り開いた第1世代ガールズグループの帰還であるだけに、再び凄まじいパワーを証明すると見られる。

S.E.S.とSMエンターテインメントは、今回のプロジェクトで発生する収益の20%を寄付する予定だ。これは2009年から毎年「グリーンハートバザー会」を開催し、恵まれない人々を助けてきたS.E.S.のメンバー3人と、2014年に社会貢献ブランド「Smile」をローンチし、持続的に社会貢献活動を展開しているSMエンターテインメントが力を合わせたものである。

デビュー20周年記念プロジェクト「REMEMBER」の始まりは、SMの 「STATION」。S.E.S.はデビュー日である28日0時より「Love [story]」の配信をスタートし、今回のプロジェクトの序幕を開く予定だ。

「Love [story]」はSMを代表する作曲家ユ・ヨンジンとユ・ハンジンがS.E.S.のヒット曲「Love」を再解釈した楽曲で、S.E.S.のもう一つのヒット曲である「I'm your girl」と新しいラップを加えたマッシュアップサウンドが独特な雰囲気を与える。本日(23日)「STATION」の公式Instagram(写真共有SNS)で音源の一部が公開され、楽曲への関心が高まっている。

S.E.S.は12月30〜31日に世宗(セジョン)大学校大洋ホールで単独コンサート「Remember、the day」を開催し、来年1月2日にはスペシャルアルバムも発売する計画だ。

そして今回のS.E.S.のデビュー20周年記念プロジェクトは、リアリティ番組「Remember - I'm Your S.E.S.」としても制作される。12月5日からSKモバイルの動画アプリoksusuを通じてカムバックを準備するメンバーらのリアルな姿を収めたリアリティ映像を順次見ることができる。