20日、浙江省杭州市労働組合総連合会が組織した年に一度の大規模なお見合いパーティーが開催された。2万人が参加したこのパーティーを通じて、「愛を求める」エネルギーの大きさが広く世間に示された。

写真拡大

20日、浙江省杭州市労働組合総連合会が組織した年に一度の大規模なお見合いパーティーが黄龍スポーツセンターで開催された。2万人が参加したこのパーティーを通じて、「愛を求める」エネルギーの大きさが広く世間に示された。銭江晩報が伝えた。

【その他の写真】

○「90後」の独身者が7割 今回のパーティーの主力軍に

今年のお見合いパーティー会場では、360度パノラマ式の掲示ボードが配置され、年齢別のコーナーのほか、「修士コーナー」「教員コーナー」「医療従事者コーナー」「機関単位コーナー」など、現在最も関心を集めている学歴・仕事別のコーナーが設けられている。これらのボードの前は、お見合いに参加した独身者や保護者であふれかえっており、「この人!」と思った相手の連絡先情報をスマホで読み取っていた。

過去のお見合いパーティーと比較して、今年のパーティーの最も際立った特徴の一つとして、「80後(1980年代生まれ)」のお見合い「主力軍」がすでに静かに撤退しており、その代わりに「90後(1990年代生まれ)」が主力となっていることが挙げられる。統計データによると、今回のパーティ参加者のうち、「90後」の独身者は全体の70%を占め、高学歴者(大学院修士・博士課程修了者)は全体の18%と、かなりの数に上った。

○「王道」を選ばない「90後」、お見合いではルックスは度外視

現代社会では、「世の中見た目が大事」という言葉が流行っている。「まず見た目が良くないと、中身についてあれこれ言えない」と多くの人は思っている。だが、このような「世俗」的な考え方は、実は多くの人を幸せから遠ざけている。今回のお見合いパーティー主催者は、「マスク・仮面着用お見合いコーナー」を設けた。このコーナーでお見合いをする若者は、マスクや仮面を着用することができる。この場での「心と心」の交流を通じて、互いにピンとくるものがあり、夢や考え方が一致することが分かったら、最終的にお互いにマスクや仮面を取るようになる。

今回設けられた「マスク・仮面着用お見合いコーナー」には、多くの若者が詰めかけた。また、そのほとんどが「90後」だった。中には、初対面の人と顔を合わせた時に戸惑ってしまうという人もいれば、「自分のメンツを保ちたい」という人もいる。だが、「このようなお見合いスタイルならば、本当の愛を探し当てることができる確率が高い」と多くの人が感じていたようだ。(提供/人民網日本語版・編集KM)