キャラクターデザイナーとして貞本義行を迎えた『時をかける少女』/[C]「時をかける少女」製作委員会2006

写真拡大

今年で公開から10周年を迎えた映画『時をかける少女』(06)。東名阪でのリバイバル上映やアニバーサリーBOX発売などで盛り上がる“時かけ”、その制作の裏側に迫るミニトークショーが7月23日に行われた。トークの内容をお届けする連載第3回では、貞本義行による魅力的なキャラクターが生み出されるまでの苦労について触れていく。

【写真を見る】真琴や千昭などの登場人物たちは、缶詰状態のホテルで生まれた!?/[C]「時をかける少女」製作委員会2006

スタジオ地図からは齋藤優一郎プロデューサー、KADOKAWAからは製作の井上伸一郎専務、渡邊隆史プロデューサーが登壇した。

――脚本の差し替えなど、シナリオが完成するまでは色々な紆余曲折があったとのことですが、その後はスムーズに行ったんでしょうか?

井上「いや、その後もキャラクターデザインで苦労しましたね。メジャー感のあるキャラクターデザイナーを入れたいなと思って、やはり貞本さんしかいないなと。それで渡邊さんと一緒にね、飲みに行ったんですよ。そうしたら、すぐに断られて(笑)。もちろん様々な理由があったんだろうけど。でも、そういった返答を受けても渡邊さんは諦めなかった。ここが彼のすごい所ですよ、諦めないで何回も頼みに行くんだから」

渡邊「僕は昔、音楽ディレクターをやっていて、『魔女の宅急便』(89)までのスタジオジブリ作品に関わっていました。でも当時、ディレクターじゃ生活が厳しかったので、鈴木敏夫(スタジオジブリプロデューサー)さんに辞める旨を伝えたんですよ。その時返ってきた返事は、『“トトロ”だけはやっていけ。それが君の勲章になるから』でした。そしてそれが本当に勲章になったので、どうしてもという時はハッタリでもいいからこの言葉を使おうと(笑)。だから、貞本さんが踏ん切れなかったあの時に、『“時かけ”のキャラクターデザインをやってくれたら、きっと貞本さんの勲章になるから』とお伝えしました」

――では拝み倒して(笑)、貞本さんに受けていただくことになったんですね。

渡邊「拝み倒してっていうか…これは、齋藤さんも共犯みたいな感じなんですけど(笑)。齋藤さんが車を運転してきて、『乗ってください、ホテルで打ち合わせしましょう』と、打ち合わせの体でホテルに連れ込んでそのまま2週間帰さない、という強硬手段に出ましたね!」

齋藤「途中で『頼むから下着だけは取りに帰らせてくれ』なんて言われましたっけ(笑)。でもね、貞本さんも当時覚悟はしてたと思う。そうじゃなかったら、その後『サマーウォーズ』(09)、『おおかみこどもの雨と雪』(12)と続投してくれませんよ。本当にありがたかった!貞本さんがいなかったら『時をかける少女』は生まれてなかったと思いますね」

――最終的には貞本さんも「やる!」と決意をされたんですか?

渡邊「決意というか…要するに2週間缶詰だったわけですから(笑)、終わらせないと帰れない、みたいなやり方したのはこれが初めてでしたよ。とはいえ実際にやってみると、クリエイターは大変だろうけど、これが一番効率が良いし、納得のできる仕事ができるかもしれないですね」

齋藤「その場で日常のこととか映画の話とか、いろんなことを話しながら、積み上げながら1つの映画の人物を作っていきますからね」

井上「ずっと絵を描いているんじゃなくて、話しながらだんだん人物像を作っていく。それが、映画の人物像を作り上げるのに非常に有効な手段だと思います」

――実際キャラクターが上がってきたのは春頃ですか?

齋藤「いや、夏以降ですね。2005年の夏前あたりから、ロケハンも重ねてきました。作画から映画公開1週間前まで、9ヶ月しかない状態でしたね」

――当時はまだ現場もデジタルが少なかったと思うんですが、そのスピード感はすごいですね。

渡邊「予算も全然潤沢じゃなかったから、人件費を抑えるために、どっちにしろ短くやらざるを得なかったんだよね」

井上「そんな“時かけ”、同時期に公開された『ブレイブストーリー』(06)などの大型アニメ映画と比べられちゃったんだけども、結果的にはすごく良かったと思う。作品紹介の記事とかも、同列で扱ってもらえたし。本当は一般誌では取り上げてもらえないはずの規模だったのに、作品の“中身”で肩を並べられたのは良いことでした」

【当記事「“時かけ”10周年記念連載」は、11月24日(木)まで毎日更新予定】

2週間の缶詰期間を経て(!?)、生み出された魅力的なキャラクターたち。連載第4回(最終回)では、ついにお披露目の時を迎える『時をかける少女』を観た原作者・筒井康隆との裏話や、齋藤P、渡邊Pによる手探りの宣伝方法などをご紹介。次回をお楽しみに!【Movie Walker】