MVP渡さん!笠りつ子は最終戦での大逆転へ闘志メラメラ(撮影:秋田義和)

写真拡大

<LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ 事前情報◇23日◇宮崎カントリークラブ(6,448ヤード・パー72)>
ここまで日本人では最高額となる133,689,013円を獲得しながらも、先週賞金女王の可能性が潰えた笠りつ子。今季スタート当初から“1番”を目標に掲げてシーズンを戦った。達成はできなかったが「まだ1試合残っている」と闘志は衰えていない。
今季好調!元気印のショットメーカー、笠りつ子フォトギャラリー
「少しでも多く稼ぐことが大事。まだ賞金ランク2位以下は決まってないから1つでも上に行くだけです」。笠は現在3位、2位の申ジエ(韓国)との差は約400万と今大会で十分逆転可能だ。
MVPになる可能性が残っていることも笠を掻き立てる。1位のイ・ボミ(韓国)を逆転するには最低8位になる必要がある(ただしその場合はボミが21位以下であることが条件)が、優勝すればボミが4位以下ならトップに立てるため自力でも十分引き寄せることが可能だ。「メルセデスランキング1位を獲りたい。車ももらえるし、3年シードも付与される。是非とも狙いたい」と気持ちは昂るばかり。
「気合いを入れ過ぎて空回りしないようにしたい。やってきたことを今まで通り出し切るだけです」。今季最大の登り“笠”は、最終戦で最強女王を逆転しMVPとなることができるか。

<ゴルフ情報ALBA.Net>

【キム・ハヌルコラム第39回】
ツアーで見つけた旬ギアネタ【大王製紙エリエールレディス編】
「大王製紙エリエールレディス」のフォトはこちら!女子プロ写真館