人気恋愛コミック『覆面系ノイズ』実写映画化 - 主演は中条あやみ

写真拡大

福山リョウコ原作の人気恋愛コミック『覆面系ノイズ』が実写映画化。2017年11月25日(土)、全国で公開される。

「覆面系ノイズ」は、2013年より「花とゆめ」で連載がスタート。鎌倉を舞台に、登場人物全員が、伝えられない想いを抱き、それぞれの片思いがバンドの音と共に紡がれていく切ない片恋ラブストーリーとして多くの女性の支持を集めた。コミックス累計発行部数は100万部を突破し、映画とは別にアニメ化も発表されている。

中条あやみが主人公・仁乃(ニノ)役

主人公・仁乃(ニノ)役を演じるのは中条あやみ。仁乃は、奇跡の歌声を持ち、その歌声で次々と人の心を虜にしてしまう女の子。中条は仁乃を演じるにあたり、ボイストレーニングに通い、歌&ギターにも初挑戦するそうだ。

そして、仁乃を巡る三角関係を繰り広げる2人のキャストも発表。初恋の相手である曲作りをする男の子ユズ役に志尊淳、仁乃の幼馴染であり初恋の相手であるモモ役に小関裕太が抜擢された。彼らもまたそれぞれギターとピアノ、ベースに初挑戦し、本編では2人のセッションシーンも繰り広げる。

監督は、映画『植物図鑑 運命の恋、ひろいました』で甘く切ないラブストーリを、繊細で柔らかい映像で描き、大ヒットに導いた三木康一郎が担当する。

片恋×歌を描いた『覆面系ノイズ』

仁乃(ニノ)は、幼いころに、いつも一緒に歌を唄っていた初恋の相手・モモ、そして曲作りをする少年・ユズという大切な存在であった2人との別れを経験していた。ストーリーは、彼女が高校生になり、ユズと再会するところからスタート。実は、正体を隠した大人気覆面バンドのメンバーだという彼にバンドに誘われた仁乃は、新たに歌う場を与えられ、どうしても会いたい人“初恋の男の子”にこの声を届けようと歌い始める。

初恋の人に再会するために歌い続ける仁乃と、彼女に想いを寄せるが、気持ちを伝えられない男の子。彼らを取り巻く仲間も、それぞれに想いを寄せる相手がいるが、伝えられないという、本当の心をかくした切ないラブストーリーが展開されていく。

概要&ストーリー

歌うことが大好きな仁乃は、幼いころに、いつも一緒に歌を唄っていた初恋の相手・モモ、そして曲作りをする少年・ユズという大切な存在であった2人との別れを経験する。「いつの日か、この歌声を目印に、必ず君を探し出す…」という2人との約束を信じて歌い続けてきた仁乃は、6年後の高校生になったある日、学校でユズと再会。ユズの所属する、正体不明の大人気覆面バンドin No hurry to shout(通称イノハリ)のボーカルに誘われた仁乃は、新たに歌う場所を得て、その歌声に磨きをかけ、もう一人の会いたい人・モモに声を届けるため再び歌いだす。そんなある日、モモらしい人物がプロデュースするという音楽会社の新人ボーカルオーディションを発見!果たして、それは本当のモモなのか?仁乃、ユズ、モモそれぞれの溢れる想いが、周囲も巻き込みながら動き出す。

【概要】
『覆面系ノイズ』
公開日:2017年11月25日(土)全国ロードショー
原作:福山リョウコ 「覆面系ノイズ」 白泉社「花とゆめ」連載中
(花とゆめコミックス1巻〜11巻まで刊行中)
監督:三木康一郎
出演:中条あやみ、志尊 淳、小関裕太、真野恵里菜、磯村勇斗、杉野遥亮
配給:松竹
制作スケジュール:2016年11月クランクイン、2017年春完成予定
公開:2017年秋 全国公開
(c)2017「覆面系ノイズ」製作委員会
(c)福山リョウコ/白泉社・花とゆめ


[写真付きで読む]人気恋愛コミック『覆面系ノイズ』実写映画化 - 主演は中条あやみ

外部サイト

  • 映画『勝手にふるえてろ』主演・松岡茉優で綿矢りさの小説を実写化 - 24歳“おたく系女子”の恋の行方
  • 映画『散歩する侵略者』長澤まさみ&松田龍平が夫婦役、監督・黒沢清 - 人類侵略のサスペンス
  • 映画『探偵はBARにいる3』大泉洋&松田龍平による探偵シリーズ、リリー・フランキーと前田敦子が出演