22日、中国人観光客の急減がタイの航空業界に経営危機をもたらしている。写真はバンコクの空港。

写真拡大

2016年11月22日、中国人観光客の激減により、タイの航空3社にサービス停止の可能性が出ている。

タイ華字紙・世界日報によると、中国人観光客の急減がタイの航空業界に経営危機をもたらしている。タイ民間航空局(CAAT)は赤字経営の3社に再建計画策定を指示した。規定の期限内に再生ができなかった場合は運行中止や破産などの強制措置導入も検討している。

中国人観光客の急減はゼロドルツアーに対する取り締まり強化を背景としている。ゼロドルツアーとは、参加料は無料だが現地で高額のお土産を買わせて利益を出す仕組み。トラブルが相次いだことから、タイ当局は取り締まりに力を入れている。(翻訳・編集/増田聡太郎)