和やかなムードの中で記者会見を行う石川遼(左)と松山英樹(撮影:福田文平)

写真拡大

<ISPSハンダワールドカップ・オブ・ゴルフ 事前情報◇23日◇キングストン・ヒースGC(7,111ヤード・パー72)>
 明日24日(木)にいよいよ開幕を迎える国別対抗戦「ISPSハンダワールドカップ・オブ・ゴルフ」。この日はプロアマ戦の前に松山英樹と石川遼の日本チームの記者会見が行われた。
代表選手と親睦を深める石川と松山
 
 この大会への意気込みを問われ、松山は「初めてのワールドカップで初めてのメルボルン。早く明日になってほしい」、石川は「英樹は今一番勢いのあるプレーヤー。頼もしいですし、自分は自分のベストを尽くしてゲームに貢献したい」とコメント。
 他の選手に先駆け、先週からコース入りしている2人からは海外メディアも“本気度”を感じ取っていた。現地の新聞は今朝、松山が月曜日に6時間パッティング練習をしていたと報じた。時間は誇張されているが、“グリーンに足跡が残る”ぐらい熱心に練習していた様子は印象的だったようだ。
 このことを尋ねられると、松山は「パッティングの調子が悪かったから」、練習グリーンで時間を費やしたと回答。足跡については「体重が重いからでは」と話し、会見場の笑いを誘っていた。なお、この日のプロアマでもパッティングの調子が思わしくなく、ラウンド後はまた“足跡”がつくぐらい入念に練習をしていた。
 その他に前回覇者のオーストラリアが「最大のライバルになると思うか」との質問が飛び、松山は「そうなればいいですね」、石川は「今週は強いチームがたくさんいる。その中で最後に我々がトップにいられれば」と答えていた。
 午後には前回覇者で地元のオーストラリアチームの会見が行われた。マーク・リーシュマンは米国と日本を「本当に強いチーム」と評し、アダム・スコットは「アレックス・ノレンと松山英樹が今一番ホットなプレーヤー」と松山を警戒するコメントを寄せていた。
 
 優勝候補筆頭のオーストラリアチームも警戒する今回の日本チーム。明日の初日は日本時間の10時半にニュージーランドチームと共にスタート予定。どんなプレーを見せるのか、世界も注目している。
 

<ゴルフ情報ALBA.Net>

【ワールドカップ特別動画】石川遼&松山英樹、決戦を前に意気込みを語る
松山英樹、プレッシャーも力に!「ボク自身と遼に期待している」
日本チームはパワーランキング2位に、初日はニュージーランドと同組
ワールドカップと縁が深い日本、2001年は7万人が熱狂し、御殿場が“揺れた”
“神スイング”稲村亜美がW杯応援サポーター就任!“惚れた”ゴルファーは?