Sechs Kies、12月1日にカムバック!16年前のヒット曲を再アレンジした「2016 Re-ALBUM」を発売

写真拡大

Sechs Kiesが12月1日に16年ぶりにニューアルバムを発売する。

YG ENTERTAINMENTは、Sechs Kiesが12月1日にカムバックする「WHO'S NEXT」映像の主人公であることを明かし、アルバム名「2016 Re-ALBUM」を公開した。

今回発売されるアルバムは、Sechs Kiesの過去のヒット曲10曲を厳選し、2016年バージョンに再アレンジしたアルバムだ。

公開されたポスターには「Re-recording / Rearrange / Remaster」というキャッチコピーが書かれている。言葉通りSechs Kiesの過去のヒット曲をYGのプロデューサーらが最新のスタイルに再アレンジし、メンバーらが再び録音およびミキシングやマスタリングまでほとんど全ての過程において新しく作業したアルバムだ。

16年前のヒット曲が2016年バージョンに新しく誕生することになったきっかけは9月、Sechs Kiesのコンサートを見守ったヤン・ヒョンソク代表の提案で始まった。

16年ぶりにステージに上がるSechs Kiesのため、ヤン・ヒョンソク代表は最初の打ち合わせからリハーサル現場まで訪れ、久しぶりにステージに立つメンバーらを励まし、ダンスの動線まで几帳面にチェックするなど、1から10までSechs Kiesのコンサートに関与した。Sechs Kiesの公演は盛況裏に終わり、16年ぶりに集まったファンもYGのハイクオリティな公演を高く評価し、感謝の気持ちを表現した。

この日公演が終わるやいなや楽屋を訪れたヤン・ヒョンソク代表は、Sechs Kiesのメンバーらにヒット曲を2016年バージョンで再アレンジし、Sechs Kiesのことを知らない若者たちにももう1度この曲を知ってもらおうと提案した。今回のアルバムは、冗談のように投げたヤン・ヒョンソク代表の提案から始まり、3ヶ月後である12月1日に現実となって世に出ることとなった。

Sechs Kiesは先月7日、16年ぶりの新曲「Tree Words」を発売し、韓国の音楽ランキングを総なめにしたことはもちろん、GAON月間チャート1位はもちろん、過去の13曲が音楽ランキングTOP100にランクインし、音楽ランキングを逆走するなど、音楽関係者すら予想できなかった驚くべき結果と共に第1世代アイドルの華やかな帰還を知らせた。

YGはSechs Kiesの新曲を着実に準備しているが、来年Sechs Kiesの20周年に合わせ、4月に20周年コンサートの開催と共に新曲を発売する計画だ。

12月1日に発売するニューアルバム「2016 Re-ALBUM」は、Sechs Kiesの長いファンには特別なプレゼントになり、Sechs Kiesの音楽をよく知らない若者にはどれほど多いヒット曲があったかをもう1度知らせる良いきっかけになると期待される。