達成感〜! - ジェフリー・ディーン・モーガン
 - Jason LaVeris / FilmMagic / Getty Images

写真拡大

 米テレビドラマ「ウォーキング・デッド」でニーガンを演じているジェフリー・ディーン・モーガンが、同役は今まで演じてきた役の中で一番楽しいと Entertainment Weekly に語った。

 撮影中のジェフリーはリック役のアンドリュー・リンカーンを怒らせれば怒らせるほど、達成感を感じるとコメント。「カメラが回っていないところでアンディが叫んだり、暴言を吐いたりしているのを聞くと、俺とニーガンはきちんと仕事をして、彼をいら立たせているってわかるんだ。もちろん、撮影が終わったら謝って、友達に戻るけど、撮影中はものすごく張り詰めた状態になる。そこが楽しいんだ」と言っている。

 第7シーズンの冒頭でメインキャラクター2名を撲殺した悪党ニーガンだが、これほど演じていて楽しい役はこれまでなかったそう。「彼はすごく複雑で、演じるのは大変なんだ。視聴者が画面で目にするキャラクターには、かなりの労力がつぎ込まれている。でも、家に帰ると、『こんなに楽しかったことってこれまでなかった』と毎晩のように思うんだ。彼は最低な人間だ。ひどいことをしてきたし、演じていて気分がいいものではない。でも、グラフィックノベルを読んで、彼に息を吹き込むのはすごいチャレンジで、やりがいがある。ほかのキャストのリアクションを見るのも楽しいしね」と語っている。(澤田理沙)