少女時代 スヨン「一番辛かったとき、頼ったのはメンバー」

写真拡大 (全4枚)

米ロサンゼルスへ旅立った少女時代のスヨンが愛らしい魅力をアピールした。

スヨンは最近「COSMOPOLITAN」と一緒に行ったグラビア撮影でモデル並みのプロポーションを誇り、多様な衣装を着こなした。特にスヨンはグラビア撮影のため、大胆なチョッピーバング(choppy bangs:不均等で短い前髪) を試みた。

世界の旅行先のうち、ロサンゼルスが一番好きというスヨンは「ロサンゼルスは海があるだけで、余裕が感じられます。私は一日を着実に過ごせないと、いらいらして不安になってしまう性格なんですが、ロサンゼルスに来たら、そんな自分の姿がなくなるような気がします。ロサンゼルスは本当に個性溢れる所が多くて、退屈だと思う暇などありません」と語った。

一番辛かったとき、頼りにしていた対象として少女時代のメンバーを選んだスヨンは、「私のことを一番よく知っていて一番よく理解してくれる対象ですから。お互い一生懸命頑張れるように助け合いながら成長してきたし、今もそうです」と格別な愛情を示した。

スヨンのグラビアとインタビューは「COSMOPOLITAN」12月号に掲載された。