オンワードは22日、グルメライフスタイルの提案を目指したECサイト「オンワード・マルシェ」をオープンした。

 アパレル関連事業を展開している同社は、2000年に「日本の食文化を世界に発信する」ことを目的として、日本の伝統的な食と器、和の空間にこだわったそば懐石レストラン「円」を、パリ・サンジェルマンに出店。高級日本料理店として評価を得てきた。

 オンワード・マルシェは、このレストラン「円」のコンセプトをベースにしたもの。ユーザーにこだわりの食と器などを集めて販売する「グルメライフスタイル」を提案するサイトとして、同社の営業ネットワークを活用し、各地のバイヤーが直接産地を訪ねて仕入れた商品などをラインナップ。当初は「お酒」「お米」「調味料」「おかず・おつまみ」「スイーツ」「水・飲料」「器・キッチン用品」の7カテゴリ、3000品目でスタートするが、今後段階的に拡充させていく予定だ。

 オンワードでは、「美味しい!をコーディネート」をキーワードとして、商品販売だけにとどまらず、読んでも楽しめるサイト構成にするとしている。クリエイティブディレクターに大西健俊氏を起用し、現地徹底取材をはじめ、食材に合う器などの組み合わせ提案や、食の専門家と食通のファッショニスタなど多数の著名人もキュレーターとして採用する。

 商品の発送は、生産者の手で直接発送する産地直送方式。スタート時点では国内のみの発送だが、海外発送や海外の食材を日本のに届けるグローバルECサイトとする予定。サイトのオープンを記念して、初回購入限定500円クーポンプレゼントキャンペーンを2017年2月28日まで実施する。