日韓両政府は23日、日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)に署名した。ソウルの韓国国防省で午前10時から署名式が非公開で行われた。日本から長嶺安政駐韓大使、韓国から韓民求(ハン・ミング)国防相が出席した。署名後、協定は早期に発効する見通しだ。

GSOMIAをめぐっては、日本の歴史認識問題と絡んで韓国国内に反対論が根強い。2012年6月には締結寸前にまで行きながら、韓国側が署名1時間前になって延期を要請し、土壇場で締結が先送りされた。

しかし、北朝鮮の核・ミサイル問題をめぐって脅威が高まる中、韓国は先月27日に協議再開を発表し、1カ月足らずで署名に至った。韓国が締結を急いだ背景には、左派の野党が崔順実ゲートをめぐって朴槿恵大統領への攻勢を強める中、野党が国政の主導権を握れば、協定の先行きはより不透明になりかねないという判断があると見られる。