「出世する男の妻」と「出世しない男の妻」の決定的な違い・6つ

写真拡大

内助の功なんて言葉があるとおり、女性の手助けによって、男性が出世していくことも中にはあるようです。出世は本人次第ともいいますが、実は見えない部分の妻の手助けも多いのではないでしょうか。出世する男性の妻は、出世しない男性の妻と何がちがうと思うかを、社会人女性に考えてもらいました。

■家事が得意

・「家事が得意な妻が多いと思う。妻のサポートがあってこそ出世できるのは、昭和の時代から変わらない」(29歳/機械・精密機器/営業職)

・「家事を完璧にこなす、いつもきれいで余裕がある」(33歳/情報・IT/秘書・アシスタント職)

妻が家事がしっかりできていれば、それが夫のサポートになるという考えです。たしかに、家事を奥さんが完璧にやってくれたら、夫は仕事だけに集中できるかもしれません。

■褒め上手

・「夫を褒めてやる気にさせるのがうまそう」(29歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

・「褒め上手。夫の愚痴を黙って聞ける」(25歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

褒めて伸びるタイプの男性であれば、妻が夫をコントロールしやすいのかも。調子に乗りやすい男性だと、逆効果になりそうですけれどね。

■仕事に口出ししない

・「夫の仕事に深入りせず、帰宅後は温かい環境で迎え入れる。文句やわがままばかり言わない」(23歳/食品・飲料/営業職)

・「仕事のことに関していろいろと口出ししない」(28歳/金融・証券/営業職)

仕事のことで口出しされると、嫌な気分になる男性は多いのではないでしょうか。仕事の内容はもちろん、給与に関しても何も言わなければ、余計なストレスもなさそうですね。

■夫を立てている

・「男性を立てるか、立てないかの差」(34歳/医療・福祉/専門職)

・「夫を常に立てていて、仕事の話やアドバイスを積極的に言う妻の夫は出世する。バックグラウンドがあると、夫も心強い」(26歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

妻が常に夫を立てているようだと、夫も仕事もやりやすいのではないでしょうか。背後に信頼できる支えがあれば、力も増しますよね。

■夫を支えている

・「男性を支えられるかどうか。この妻のために頑張ろうと思わせられるかどうか」(29歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

・「男性を上手に支えている。サポートもできるが自立もしている」(29歳/印刷・紙パルプ/クリエイティブ職)

仕事も生活も常に順調であるとは限らないですよね。そういったときにいかにうまく支えてあげられるかというのが大切なようです。その支えがあれば、夫も頑張れますよね。

■仕事に理解がある

・「男性の仕事に対する理解がある。男性を家庭のことで責めない」(27歳/学校・教育関連/その他)

・「男性の帰りが遅いことに文句を言わず、献身的な女性」(30歳/医療・福祉/専門職)

家に帰っても仕事のことでいろいろ言われていたのでは、職場と家での板挟みになってしまいますよね。仕事に関して一定の理解があれば、割り切って仕事に集中できそうです。

■まとめ

アンケートの結果としては、どれも夫を責めたりというようなことはないですよね。どれも夫を立てる行為、気持ちよく働けるサポートといえそうです。この夫を立てることで仕事運は上昇するのではないでしょうか。夫を下げるようなことをすれば、仕事運も同様に下がってしまうのかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年11月にWebアンケート。有効回答数145件(22歳〜35歳の働く女性)