Doctors Me(ドクターズミー)- メタボの方は“尿路結石”に要注意 原因は日々の生活習慣にある

写真拡大 (全3枚)

尿路結石は、痛風・群発頭痛と並んで、三大激痛の一つに挙げられています。それくらい痛いということですが、なぜそのような症状が起こるのでしょう。

痛みに弱い人は必見の内容でお届けしていきたいと思います。

要チェック項目


□尿路結石は激痛をともなうことがある
□激痛が現れる場所は背中やわき腹
□尿管結石の50%は5年以内に再発

尿路結石って何ですか

尿路結石とは


尿路結石とは、その名の通り、尿路(尿が通って行く道筋)に結石が詰まってしまう病気です。

尿路というと尿道をイメージしがちですが、正確に言うと腎臓、尿管、膀胱をへて尿道に至ります。

そのどこで結石が詰まってしまうかによって症状名がつけられることとなります。

よく石が詰まるという表現をしますが、食品に含まれている石を食べてしまうことによって起こる訳ではなく、なんらかの原因で尿中のミネラルが有機物質を巻きこんで結晶化したもののことを結石と呼んでいます。

腎臓結石


腎臓に結石が出来てしまう病気のことです。この段階では痛みはなどの自覚症状が現れることはほとんどありません。

血尿が出たりすることはありますが、腎臓結石の時点で適切な治療を行うことで、七転八倒するような苦しみを味わうリスクが低下します。

尿管結石


尿管とは、腎臓と膀胱を結んでいる管のことで、ここに見られる結石のことを尿管結石と呼んでいます。

一般的にイメージされる激痛をともなう尿路結石とは、この尿管結石のことです。結石ができている側の背中やわき腹にかなりの激痛が現れる特徴があります。

尿管結石になってしまった場合、3人に1人は5年以内に再発してしまうということです。

膀胱結石


膀胱にまで結石が下りてきたケースです。症状としては血尿や尿の混濁、おしっこが出にくかったり突然止まるなどの排尿トラブル、下腹部の不快感などが挙げられます。

尿管から下りてき た結節が膀胱で留まってしまうケースと、尿が膀胱で停滞することにより膀胱内で産生されるケースの二通りあるそうです。

尿道結石


尿道結石は前立腺肥大症や尿道狭窄にともなって現れることが多いということです。膀胱結石と尿道結石を合わせても、尿路結石全体の5%で、ほとんどは腎臓結石と尿管結石ということです。

尿路結石の原因


乏尿


乏尿(ぼうにょう)とは、排尿の回数が少なかったり、おしっこの量自体が少ないことを言います。

食習慣


カロリーの高いものや脂っこいものを好んで食べたり、また、好き嫌いが多いなど偏食が原因となることもあるそうです。

病気


高カルシウム血症、尿路感染症や痛風などの尿酸代謝異常、尿管狭窄や前立腺肥大などの尿路通過障害、シスチン代謝異常などの遺伝的な異常も尿路結石の原因として挙げられています。

ただ、尿路結石の原因についてはいまだにハッキリとしたことが分かっていないのが現状です。

尿路結石の症状

尿路結石というと、激痛が起こるイメージがありますが、実際に激痛が起こるのは尿管結石の場合であって、腎臓結石のケースではほとんど自覚症状はないということです。

尿路結石全体で見た場合、およそ95%が腎臓結石か尿管結石です。

尿路結石の治療法と予後

腎臓結石の場合


結石が腎臓に見られ、10mm以下の小結石の場合は自然に排出されるのを待つことがあります。ただ、結石が大きい場合や痛みがひどい場合、

または腎機能が障害される恐れのある場合は「体外衝撃波腎結石破砕治療法」や手術が行われることがあります。

尿管結石の場合


小さい結石の場合は、利尿剤などを用いてやはり自然に排出されるのを待ちますが、結石が排出されるまでに激甚な痛みがある場合(このことを疝痛と言います)や、

水腎症や腎盂腎炎が増悪する場合には腎臓結石の場合と同様の治療がおこなわれることなります。

予後


尿路結石は誰にでも起こりうるものではあるのですが、風邪のように誰もが満遍なく経験する類の疾患というよりは、同じ人が何回も経験する疾患と言えます。

というのも、尿路結石には常に再発のリスクがあるからです。先述したように尿管結石の場合、50%が5年以内に再発すると言われています。

尿路結石の予防法


尿路結石は再発するリスクの高い疾患なので、日頃の生活習慣を改善することが第一です。

水分補給を欠かさないようにして、高カロリー・高脂質の食事を控え、バランス良く栄養を摂取することが大事です。また、就寝直前の食事や、塩分の取りすぎも控えるようにしましょう。

まずは生活習慣を見直しましょう!

尿路結石になってしまう人には、いわゆる「メタボ」の傾向が見られるということです。

尿路結石だけでなく、生活習慣病予防のためにも、食習慣を改善して適度な運動をするようにしたいですね。

(監修:Doctors Me 医師)