回収された『高須帝国の逆襲』がキンドル版に。“泣ける”と話題の熟年ラブ【高須克弥院長に聞く】

写真拡大

 発売5日で回収・絶版になった幻の本『高須帝国の逆襲』(2016年5月25日発売)が、この11月に電子書籍で復活して、話題を呼んでいます。

 高須クリニック・高須克弥院長の語り下ろしをメインに、西原理恵子さんの漫画もある同書。お互いにパートナーを亡くしたあと、交際宣言してから6年の軌跡に、涙する人が続出している模様です。

 人生の最後を一緒に過ごす“熟年愛”とは…高須院長に聞いてみました。

◆西原さんへのラブレター?

――『高須帝国の逆襲』の電子書籍が好評ですね。アマゾンのレビューも100件以上ついていて、「泣いた」との声も多いです。

「よく売れてるみたいね(キンドル「ビジネス・経済」部門で3位、11/12時点)。でもなんで『ビジネス・経済』の部なの?? あの本、ビジネスのかけらも出てこないのに」

――この本は小学館から出版されたあとに、差別表現とされてる単語があったことで回収・書き直しの要請があったと。でも院長としては、差別的な文脈ではないから書き直しを拒否して自ら絶版にした。それを今回、自分でキンドル販にしたわけですね。

「うん。絶版にしたときに、どうしたら同じものをみんなに読んでもらえるかな、と思ったのね。小学館とは手打ちにしたから迷惑かけたくないし、他の出版社で書きおろすのもやだなあと。

 それで、自分でキンドル版にしたの。一言一句変えずに、注釈も加えずにという条件でね」

――これって、西原理恵子さんの『ダーリンは70歳』で書きたい放題書かれたから、それへの逆襲ってことですよね? でも引用すると…

<長年連れ添った女房が死んで、母も、犬も、逝ってしまったあの時、僕は本当に孤独だった。人は、誰かがいないと自分がどこにいるのか、わからなくなってしまうのかもしれない。
サイバラが、僕を見つけてくれた。
「一緒にいようよ」>
(同書P86)

 完全に西原さんへのラブレターじゃないですか!

「いや、そうなっちゃうんですよ、西原が怖いもんだから。

 最近僕は、もう西原って呼ばないもん。クマって呼んでるもん。かわいいテディベアかと思ったら、ものすごい凶暴でさ」

◆理解し合わなくても別にかまわない

――お2人は根本的に、育ちも価値観も違う、と書いてありますよね。「どん底からはい上がってきた」西原さんと、没落貴族みたいな高須家に育った院長……。

<ばあちゃんにとって一番憎むべき敵は、「貧民の味方をするアカ」だった。特に女のアカなんて最悪で、サイバラってまさにそれでしょ。
じゃあ、子どもの頃のサイバラが一番嫌いだったのは誰かって言ったら、「小太りで色白のピアノがある医者の家のガキ」。まさに僕ですよ、それ>
(同書、P13)

「そう、ぜんぜん価値観が違う。文明の衝突みたいなもんですよ。人種が違うなんてもんじゃなくて、豚とカブトムシみたいにまったく違う生物ですよ。

 僕は自分のプライド通すためならお金なんてどうでもいいけど、西原はお金のためならプライドは捨てるって。あと、西原はカニが大好きだけど、僕はキライ。ていうか、僕は何を食べても味を覚えてないからね。

 正反対だもん、何もかも」

――そんなに違ってうまくいくもんですか?

「たまに会って、たまに観察しあってるからうまくいくんじゃない? まとめて1週間ぐらい旅行したら、ケンカして『早く帰ろう』って話になるからね」

――夫婦や恋人は「理解しあう」ことが大事とされてるけど、読んでいると、別に正反対でもいいんだと思えてきます。

「僕たちは、理解しないままお互いに見てるって感じかな。

 だって違うほうが面白いじゃん。医者同士で集まって話しても面白くないですよ。漫画家同士でも面白くないんじゃないかな。

 テリトリーを侵されたと思うとうまくいかないんですよ。同じ仕事同士だと、夫婦でもなかなかうまくいかない。でも医者と漫画家なんて、ぶつかりようがないもんね」

===============

 本心だか照れてるんだか知りませんが、「西原が怖いから」ラブレターになったという高須院長。

 ちなみに、同書の西原さんの漫画で、高須院長は「ラクダのモモヒキでM字開脚したまま尿もれしてる姿」で描かれております。逆襲になっとらんがな。

【高須克弥氏・プロフィール】
1945年生まれ、医学博士。高須クリニック院長で美容外科の第一人者。最新の美容技術を、自ら試して普及することでも有名。著書多数、最新刊は『高須帝国の逆襲』(Kindle版)

<TEXT/女子SPA!編集部>