11月23日(水)放送の「相棒season15」に、安達祐実がシングルマザー役でドラマ復帰!/(C)テレビ朝日

写真拡大

11月23日(水)放送の「相棒season15」(テレビ朝日系)の第7話に、安達祐実がゲスト出演する。

【写真を見る】安達祐実は息子の誘拐事件に笑みを浮かべるシングルマザーの美奈子を演じる/(C)テレビ朝日

ことし7月に第2子を出産した安達が、出産後初ドラマとなる復帰作「相棒」で演じるのは、パート勤務で息子と2人暮らしのシングルマザー・高木美奈子。

愛する息子が誘拐事件の巻き添えになって命を落としてしまう悲劇に見舞われるが、なぜか1人になった美奈子は「みんな馬鹿ね…」と口にしながら不敵な笑みを浮かべる。美奈子は本当に被害者の母親なのか、その真意とは…?

安達は「出産後初のドラマ出演が『相棒』に決まり、本当に光栄に思っています。テレビでずっと見ていた作品ですし、休業明けということでちょっとドキドキしましたが、現場では『あっ右京さんだ!(笑)』とか、いち視聴者としての感動も味わいながらやらせていただきました。

産休と育休を合わせて8カ月間お休みをいただきましたが、人生を通して仕事を休むことに慣れていないもので、早く復帰したいという思いがありました。久しぶりの現場では、『やっと』という気持ちと同時に、前と同じペースを取り戻すのはなかなか難しいなと感じました」と明かす。

既に30年近いキャリアがあり、さまざまな役どころを演じてきた安達が、今回は特異な状況に追い詰められた母親の複雑な精神状態を巧みに演じていく。水谷豊演じる杉下右京も、反町隆史演じる冠城亘も安達の“怪演”に惑わされていく…。

そんな安達は「水谷さんとは、映画『王妃の館』('15年)以来の共演です。今回はあまりご一緒のシーンがなくさみしかったですが、相変わらず優しく話し掛けてくださったのが心に残っています。

反町さんとは約20年前、私が中学生のころに同じ番組に出させていただいたことがあります。『相棒』では明るくおちゃめな亘さんを演じていらっしゃいますが、反町さんご本人も明るく盛り上げるように私に接してくださったので、うれしかったです」と振り返った。

安達がシングルマザー役に挑む第7話「フェイク」は、人質が男児2人の身代金目的の児童誘拐事件が発生。シングルマザーでパート勤務の美奈子(安達)の息子・翔太と、宝石商を営む中山有里(木下あゆ美)の息子・広斗が誘拐されるも、犯人は有里にのみ身代金3億を要求する。

翔太は広斗目的の誘拐に巻き込まれたと捜査本部は判断するが、翔太と見られる遺体が見つかる。

遺体を確認する美奈子の取り乱し方は尋常ではなく、慰めようとする有里にも突っかかる。青木年男(浅利陽介)から事件の情報を得た亘(反町)は右京(水谷)を伴い捜査に潜入しようとするが、邪魔をされたくない伊丹(川原和久)は、美奈子を自宅まで送るよう指示する。

右京からその任務を託された亘だが、1人になった美奈子が笑みを浮かべる異様な光景を目撃してしまう。また、息子と2人で暮らしていたはずのアパートには子供らしき誰かがいる気配があり、亘は美奈子の監視をすることに。

翌日、有里は犯人の要求に応じ身代金受け渡し現場へと向かい、万全な捜査体制が敷かれる中、右京は誘拐犯の要求にある疑問を抱く。

安達は「今回の役は“母親”の悲しさとか強さとか脆さとか、そういうものを感じてもらえたらと思います」と力を込めた。