写真提供:マイナビニュース

写真拡大

モデル・女優の中条あやみが、映画『覆面系ノイズ』(2017年秋公開)の主演を務めることが23日、わかった。

同作は漫画家・福山リョウコが白泉社「花とゆめ」で連載中の同名コミックを映画化。歌うことが大好きな女子高生・仁乃(ニノ)は、初恋の相手・モモを探すため、高校で再会した幼馴染のユズとともに、人気覆面バンド・in No hurry to shoutのボーカルとして活動するようになる。

中条は8月からボイストレーニングに通い、本格的に歌・ギターに挑戦。登場人物が全員"片恋"のラブストーリーに、中条の歌・音楽を絡めて物語が展開していく。中条は「音の持つ力を改めて素晴らしいと感じる作品でもありました。溢れ出す想いを秘めたニノが歩む初恋、青春、恋愛……物語のすべては、この音から始まる気がします」と作品について語った。

「最初は人前で歌うことになれなくて小さい声でしか歌えないところから始まった」という中条だが、トレーニングを重ね、「ニノの印象的な声っていうのはどんなものかと考えながらそこに向かっているうちに、人前で歌うこともだんだん楽しくなってきました」と歌の楽しさを再確認。「パフォーマンス練習でマイクの持ち方や歌い方を一緒に考えながら練習しているのでどんどんニノに近づいてるようで嬉しいです」と喜びを表した。

メガホンをとる三木康一郎監督は、初挑戦したラブストーリーの映画『植物図鑑 運命の恋、ひろいました』が大ヒットを記録。「こういう青春の微妙な恋心を描く場合は、小手先ではなく、正面から自分が経験したことをぶつけるのが、映画にチカラを与えることだと思っています」と持論を展開した。

原作の福山は「ニノを演じてくださる中条さんはびっくりするくらいニノそのまま」と太鼓判。「監督が覆面系をどう描くのか、私自身とてもとても楽しみです。そして映画というこんな機会をくださった読者の方々、本当にありがとうございます」と、期待を寄せた。

青木裕子プロデューサーは「ニノがそこにいると思わせる存在感と透明感」を思い求めた結果「兼ね備えているのは中条さんしかいない」と決断。「中条さんの出演が決まった日から、この作品が動き出しました」と、作品の経緯について振り返った。