11月23日は「いいニッサンの日」! 80年代の日産の名車5選

写真拡大 (全12枚)

今なおファンに愛される懐かしのクルマたち

11月23日は語呂合わせをすると「いいニッサン」ということでスカイラインGT-R32に乗っている私から良い時代の懐かしい日産車5選をお届けしよう。

.縫奪汽鵝フェアレディZ(Z32型)

フェアレディZの初代は、1969年に登場したS30で、現行のZ34は6代目。初代の存在感は圧倒的なので、ここではあえて4代目Z32に注目。デビューはR32GT-Rと同じく、国産車のビンテージイヤー=1989年。当時、看板にしていた「走りの日産」のツートップとして、GT-Rとともに牽引する役割を与えられていた。その証拠に、搭載されたVG30DETTは、国産車初の280馬力エンジンで、シャーシも2シーターと2by2の2本立て。ホイールベースが違うので、設計から製造まで別々というバブリーさ。売れたのは圧倒的に2by2だが、2シーターは、全長、全幅、ホイールベースといったディメンションは、マツダRX-7(FD3S)とほぼ同じでけっこうピュアなスポーツカーだった。エクステリアも評価が高い。空力性能に優れていて、最高速は同パワーのR32GT-Rより10km/hは伸びた。このZ32のヘッドライトが、ランボルギーニ・ディアブロに流用されたのも有名な話。モデルライフが長く、2000年まで生産された。

▲縫奪汽鵝Ε僖襯機GTi-R

4代目パルサーをベースにした、WRC(世界ラリー選手権)をターゲットにした一種の奇形モデル。全長3975mmのコンパクトなボディに、直4、2リッターターボのSR20DETを搭載。当時では脅威的なリッター100馬力超=230馬力を誇り、パワーウェイトレシオは、R32GT-Rとほぼ同等の5.30kg/ps! それをフルタイム4WDで地面に伝え、インタークーラー、4連スロットル、LSDと、スペックだけは文句なし。スペック番長として「ラリーの日産」を復権すべく、WRCにデビューしたが、結果はトホホ……。

敗因は、まずディメンションの悪さ。FFベースの4WDでとにかくフロントヘビーで曲がらない。ボディがタイトなので、タイヤサイズも限られて、冷却性能にも苦しまされた。そういう意味で、スポーツカーにとって、重要な要素を教えてくれた貴重な一台。なおチューニングベースとしては、けっこう人気があり、4連スロットルなどは、同じSRエンジンを積むシルビアなどにも流用された。

ニッサン・シルビア(S13)

1988年にデビュー。「アート・フォース」というキャッチコピーで、ちょっとイタリアンなスタイリングに、淡いメタリックグリーンのイメージカラーがよくマッチしていた。デートカーとも称されたが、AE86なき後、貴重なFRスポーツということで、硬派の日産ファンや走り屋からも支持された。その点で、デートカーのライバル、ホンダ・プレリュードとは一線を画していた。MT(マニュアルトランスミッション)率も高いクルマで、当時としてはシフトフィールのよさも評価されていた。リヤには新開発のマルチリンクサスペンションが採用されたが、フロントはストローク不足のストラットだったのが残念なところ。ターボモデルがあったこともあり、チューニングも盛んに行われた。30万台近く販売された大ヒットモデル。

ぅ僖ぅカー

初代マーチをベースに、デザインありきで企画されたBe-1/パオ/フィガロの3兄弟。1985年のモーターショーにコンセプトカーとして登場し、話題沸騰。ちょっとレトロで、かわいらしさ、ユニークさ、珍しさを前面に出したところ、限定1万台を大きく上まわるオーダーが入り、抽選会に……。関連グッズが売られるほどの、人気車種となった。

「走りの日産」「技術の日産」らしからぬ遊び心が何よりの意外性だった。のちにパルサーをベースにした、商業車のエスカルゴも登場したが、こちらは今でもときどき街で見かける。

80年代、クルマがモデルチェンジするたびに高性能化していく最中に、「もうクルマに、これ以上の性能はいらない」という時代がくることを予見していたクルマだったのかもしれない!?

ゥ好イラインR32タイプM

GT-Rにばかりスポットが当たり、いささか影の薄い存在だが、GT-Rの名声は、このベース車(標準車)のタイプMがあってこそだ!

当時、日産開発陣が掲げていた「1990年までに走りにおいて世界一を狙う」=901活動の中心が、このR32スカイラインの開発で、具体的には、FRでは世界一のハンドリングとされたポルシェ944ターボに追いつき、追い越すのが目標だった。

その901活動の成果として生まれた、後輪駆動のスカイラインらしいスカイラインが、このR32のタイプM。「走りのスカイライン」復活は、このクルマの誕生で認知されたといっても過言ではない。

事実、走りのレベルは非常に高く、200万円台だったタイプMを買うか、450万円のGT-Rを買うかを真剣に悩む人は多かった。なかには、タイプMを買って、フロントグリルとリヤウイングを交換し、GT-Rルックで乗るユーザーもいたが、タイプMはタイプMで、とても完成度が高いクルマなので、誇り高く乗ってもらいたい一台なのだが……。

いまではめっきり街で見かけることも少なくなったが、ごく稀に、コンディションがよさそうな綺麗なタイプMを見かけると、うれしい気持ちで一杯になる。

(文:藤田竜太)