湯島天満宮でドラマのヒット&
受験生の合格祈願! (C)TBS

写真拡大

 中卒の父と偏差値41の娘が最難関中学入学を目指す実話を描いた桜井信一氏の著書「下剋上受験」が、阿部サダヲと深田恭子の共演で連続ドラマ化されることがわかった。

 ドラマは、父と娘が二人三脚で歩んだ約500日間と、家族の絆を映し出す。主人公・桜井信一(阿部)と妻・香夏子(深田)は、ともに最終学歴が中学校のいわゆる“中卒”。信一は学歴に苦しめられてきた自らの人生を振り返り、娘・佳織にはエリート人生を歩んで欲しいと一念発起。妻の反対を押し切り、中学受験を目指して佳織とともに寝る間も惜しんで勉強し始める。

 阿部は、「このドラマは、“絶対に諦めない”がひとつのテーマだと思います。自分自身もそういう思いで役者になり、『こうなりたい』と思っていた事を少しずつクリアしてきました。桜井信一という役を通して、そういう思いを伝えていきたいですね」と意気込む。一方の深田は、「現代なのですが、なぜか懐かしく感じるこの温かい家族のなかで、妻として、母として、奮闘していきたいと思います」と語っている。

 佳織を演じるのは、250人の中からオーディションで選ばれた山田美紅羽。阿部、深田との共演に「すごく興奮して、挨拶のときから緊張していました」というが、「一緒に演技をしていてすごく面白く、引っ張って行ってもらっている感じがします。それに負けないように頑張りたいと思います!」と役さながらの気合を見せる。

 原作者の桜井氏は、著書がドラマ化されることに「あまりの大ニュースに喜び方すらわからなくなるほどです」と驚きを隠せない様子で、「子どもの未来を変えようとすることが、家族まで大きく変えるという我が家の実体験を、ドラマを通じて視聴者の皆さまに知っていただけたら幸いです」とコメントを寄せている。

 ドラマ「下剋上受験」は、阿部、深田、山田と要潤、風間俊介、小林薫、若旦那(湘南乃風)、皆川猿時、岡田浩暉、川村陽介、小芝風花が共演する。TBSで2017年1月から毎週金曜午後10時放送。