ハリルホジッチ監督は敵が嫌がるサッカーを徹底し、サウジアラビアを下した。写真:小倉直樹(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大 (全2枚)

 年内最後のゲームとなったサウジアラビア戦で、私はハリルホジッチ監督を見直すことになった。
 
 いままで私は、この監督を評価していなかった。前任者のザッケローニやアギーレに比べて、何がしたいのかが見られず、またUAEにホームで敗れるなど結果も物足りなかったからだ。
 
 だがサウジとの大一番で、ハリルホジッチ監督はしっかりと答えを出した。勝利という結果だけでなく、「私はこれがやりたかったんだ」という内容を見せてくれた。
 
 サウジ戦の日本は、特に前半が良かった。
 前線からの鋭い出足で圧力をかけ、局地戦では激しい寄せでボールを奪いに行く。そしてボールを奪うと、間髪入れずに縦へ――。
 日本は出足の鋭さ、激しさによって試合の主導権を握った。
 
 私が評価したいのは、日本が敵に嫌がられるプレーに徹したところだ。
 
 敵を壊すことで、自らに流れを引き寄せる。これは従来の日本代表に欠けていた姿勢である。
「自分たちのサッカー」を信奉するザックジャパンは、ボールを支配すると強いが、ボールを持てないと淡泊に負けていた。
 
 その象徴的な一戦が、ブラジル・ワールドカップのコロンビア戦だ。自分たちの長所であるテクニックで凌駕された日本は、いいところなく1-4の逆転負けを喫した。
 
 自分たちのサッカーができないときに、何ができるか。
 
 コロンビアとサウジではレベルが違う、というのはさておき、サウジ戦の日本は、コロンビア戦で突きつけられた課題に答えるプレーを見せたのだ。
 
 ハリルホジッチが目指すのは、敵にとって嫌なチーム、さらに言うなら厄介なチームだ。上手いが淡泊だった従来のチームから、上手くはないが、敵にとって厄介なチームになろうとしている。
 
 これは外国に譬えると、ブラジルからウルグアイになろうとしているのだと思う。
 
 近年は陰りが見えるが、ブラジルはいままで世界一のタレント軍団だった。どんなチームと対戦しても、ボールを支配されることはまずない。だが、それだけに思うように攻められないとリズムを崩し、あっさりと負けることもあった。上手さゆえの脆さである。
 翻ってウルグアイは、攻められるほど強くなる。
 ブラジル、アルゼンチンという大国と国境を接する小国は、それゆえサッカーが思い通りになるとは考えていない。敵のリズムを壊すこと、敵の隙を突くことが、彼らにとってのサッカーである。

 いままでの日本はアジアに限ればタレント軍団、ブラジルのようなところがあった。韓国やオーストラリアを除けば、敵は日本を恐れて引いてくれるため、ポゼッションを主体にした自分たちのサッカーを貫けばよかった。
 
 だが、もういままでのようにはいかない。本田や香川、長友といった主力はピークを過ぎ、次世代の突き上げも弱い。昨年のアジアカップも準々決勝で敗れたように、アジアの盟主の座を明け渡した。
 アジアのブラジルではなくなった日本は、ウルグアイのしぶとさ、勝負強さを身につけなければならないのだ。
 
 これは後退に見えるかもしれない。だがアジアの先、世界で勝つことを考えると前進といってもいいのではないだろうか。

文:熊崎 敬(スポーツライター)