「THEカラオケ★バトル U-18歌うま大甲子園 2016王座決定戦 4時間SP」で歌声に聞き惚れるゲストのつるの剛士、飯田里穂、華原朋美/(C)テレビ東京

写真拡大

テレビ東京系で、11月23日(水)に「THEカラオケ★バトル U-18歌うま大甲子園 2016王座決定戦 4時間SP」(夜6:55-10:48)を放送する。

【写真を見る】一流アーティストを続々輩出した名門音楽塾が推薦する女子高校生が熱唱!/(C)テレビ東京

本番組は、司会の堺正章がオーナー務める“日本一ゴージャスなカラオケボックス”という設定で、各界一流の歌のプロたちや、全国の歌うまシンガーたちが集結。

カラオケマシンの採点で自慢の歌声を競い合う音楽バラエティー。

「U-18歌うま甲子園」は過去に2時間SPを8回、3時間SPを2回放送された“18歳以下最強”を決める人気企画で、今回は初の4時間スペシャル。

さらに、今回は特別企画として、選手の自宅や練習場所に本物のプロ歌手が突撃する。

華原朋美、つるの剛士の他、2年連続年間チャンピオン・林部智史、10冠女王・城南海、オペラ魔女・翠千賀、宝塚最強歌姫・RiRiKAら番組が誇るプロ歌手たちが、歌手を目指すU-18の子供たちを全力でサポートする。

スタジオゲストのつるの、華原、林部らは出場者の努力を知るだけに、彼らを見詰めるまなざしはいつも以上に力強い。

A〜Dに分けられた決戦。まずAブロックには、U-18四天王唯一の男子・角田龍一が登場。

角田の圧勝と思われるが、そうはいかないのが「カラオケ★バトル」。

番組初の快挙を達成したトロフィーゲットマニアや、厳しい番組オーディションを勝ち抜き、初出場を獲得した小学校6年生の歌姫らが全力のパフォーマンスを披露。

そして、元プロ歌手の母と二人三脚でリベンジを誓う“超美声”男子高校生が登場すると、その歌声に感動した華原が思わず号泣してしまう一幕も。

他、Bブロックは、2016年間チャンピオン決定戦で100点を叩き出し、トップ7入りしたU-18最年少四天王・鈴木杏奈、Cブロックには、優勝候補の大本命、最強高校1年生・堀優衣が登場。Dブロックでは、王者復活を誓う最強中学生、U-18四天王・佐々木麻衣が内藤やす子の「弟よ」を歌う。

「U-18年間王座」を手にするのは誰なのか、ガチンコバトルに注目だ。