「人食いバクテリア」の感染患者が過去最多、早期の治療が大切

ざっくり言うと

  • 劇症型溶血性レンサ球菌感染症の患者数が、過去最多になったことが分かった
  • 風邪のような症状から急激に悪化して、筋肉が壊死することもある感染症
  • 多臓器不全になるなど致死率が高いことから、早期の治療が大切だという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング