製作総指揮も務めるモリーナ・バッカリン
 - Alberto E. Rodriguez / Getty Images for TNT LA

写真拡大

 米テレビドラマ「GOTHAM/ゴッサム」でゴードン刑事の恋人レスリー・トンプキンスを演じているモリーナ・バッカリンが、新ドラマのパイロット版に出演するとDeadlineなどが報じた。

 モリーナが主演、製作総指揮を務めるのはタイトル未定の法律ドラマ。「グッド・ワイフ」と「THE WIRE/ザ・ワイヤー」を足したような作品らしい。モリーナは凄腕の弁護士に転身した元警察官を演じ、ニューヨーク市の警察官を弁護する法律事務所に勤めているとのこと。ニューヨーク市警、法の施行機関、司法制度における政治的駆け引きの中をうまく渡り歩きながら、複雑なプライべートもやりくりしなければならないという。

 脚本は「NUMB3RS ナンバーズ 〜天才数学者の事件ファイル」のエグゼクティブプロデューサー、ケン・サンゼルが執筆する。シリーズ化が決定した場合、モリーナは「GOTHAM/ゴッサム」のレギュラーは降板するが、ゲスト出演という形で出演を続ける予定だという。(澤田理沙)